プレスリリース

三井住友カード、TenTenと資本業務提携-自販機のキャッシュレス決済及び飲料自販機事業者の働き方改革を推進

2019/7/12 11:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月12日

IoTベンチャーのTenTenと、三井住友カードが、自動販売機のキャッシュレス決済及び飲料自販機事業者の働き方改革を促進

TenTen 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:エドモンド・コートロール・ディー、以下:TenTen)と三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 幸彦、以下:三井住友カード)は、資本業務提携を行い、飲料自動販売機(以下、総称して飲料自販機)マーケットのキャッシュレス決済の普及に向けてプリペイド決済サービスを展開するとともに、飲料自販機事業者(以下、総称して飲料事業者)の業務効率化及び働き方改革の推進を積極的に支援していくことをお知らせいたします。

<TenTenについて>

多国籍のメンバーで構成され、アプリからハードウェアまで自社開発するテクノロジーベンチャー企業です。全国に広く自動販売機が設置されている日本において、自動販売機を中心としてマーケティングや決済、メンテナンスの分野で、導入に事業者負担の少ない今までにないサービスを提供しています。

<三井住友カードについて>

1967年の発足以来、キャッシュレス化を先導する総合決済事業者として、半世紀にわたり日本のクレジットカード業界を牽引しています。世界的に見ても複雑な進化を遂げ、支払手段が多様化した現在のキャッシュレス決済市場において、「利用者」・「事業者」双方の課題を解決し、使いやすい環境を整備することで、真のキャッシュレス社会の実現を目指しています。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514350_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]