2019年9月20日(金)

プレスリリース

企業名|産業
NTTドコモ情報・通信

NTTドコモ、台湾の携帯電話通信事業者FETとドローンによる基地局点検サービスの共同実証プロジェクトを開始

2019/7/5 15:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月5日

台湾の携帯電話通信事業者FETとドローンによる基地局点検サービスの共同実証プロジェクトを開始

~ドローンを活用したサービス「docomo sky for Tower Inspection」の海外展開を加速~

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と台湾の携帯電話通信事業者Far Eas Tone Telecommunications Co.,Ltd.(以下、FET)は、ドローンを活用して通信鉄塔の点検作業を支援するサービス「docomo sky(TM)for Tower Inspection」(以下、本サービス)の共同実証プロジェクト(以下、本プロジェクト)を、2019年6月20日(木)から台湾で開始しました。

本プロジェクトは、ドコモがドローン運用をトータルにサポートするサービス「docomo sky」をドコモの出資先であるFETに提供し、FETが保有する基地局の点検作業を、ドローンを活用して支援するものです。本プロジェクトは、より安全で効率的な点検作業をめざし、段階的に実証実験を行って、本サービスの有用性を検証します。

「docomo sky」を活用した基地局点検ソリューションの海外展開は、インドネシアに続いて2例目になります。

本サービスは、ドコモの商用ネットワークの基地局点検のために全国展開しているドローン基地局点検システムをベースに開発されたものです。ドローンの操縦者が、簡易な操作でドローンをコントロールできるグランドコントロールステーションアプリケーション(以下、GCSアプリ)を用い、基地局の高度やドローンとの距離などを設定することで、ドローンの自動飛行、自動撮影、撮影画像のリアルタイム送信が可能になります。また、点検者は「docomo sky」のWEBサイトにログインすると、専用画面から遠隔地の品質保全状況の確認を即時に行うことが可能です。

台湾では、点検者が基地局を1基ずつ目視で確認して、故障箇所を特定することが一般的であり、その点検にかかる人的コストが課題となっていました。本サービスを導入することで、短時間で効率よく、安全に品質保全状況を確認し、早期の対処が期待できます。

本プロジェクトの導入実証は、2019年6月20日(木)に台湾 新竹市周辺のFETが保有する基地局で実施し、ドローンで撮影した映像により基地局の破損、サビなどの状況を確認しました。これにより点検者が鉄塔を1基ずつ目視で確認する既存の手法と比較し、点検業務における作業の安全性の向上や3分の1程度の作業時間の短縮効果を確認しました。今後も引き続きドコモとFETは台湾の基地局への本サービスの効果検証を行います。

ドコモは日本国内で培ったドローンによる基地局点検の技術開発と安全で実績ある運用ノウハウを踏まえながら、グローバル規模でニーズが高いドローンビジネスでの海外展開を見据え、本プロジェクトをはじめとした国外での実証プロジェクトに取り組んでいます。

ドコモは、これからも安心して暮らせるサスティナブルな社会の実現に向けて、これまで培ってきたネットワーク技術やプラットフォームビジネスなどのさまざまな技術アセットやノウハウを活用し、社会課題の解決やより豊かな社会の実現をめざして、先進的なドローンサービスを創出してまいります。

*「docomo sky」は株式会社NTTドコモの商標です。

※別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513794_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。