プレスリリース

企業名|産業
シャープ電機
企業名|産業
トヨタ自動車自動車

NEDO・シャープ・トヨタ、高効率太陽電池を搭載した電動車の公道走行実証を開始-EV航続距離や燃費向上効果を検証

2019/7/4 14:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月4日

世界最高水準の高効率太陽電池を搭載した電動車の公道走行実証を開始

-運輸分野におけるCO2排出量削減に向け、太陽電池活用の可能性を検証-

NEDO、シャープ(株)(以下、シャープ)、トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、高効率太陽電池を電動車に搭載することによる、EV航続距離や燃費向上効果の検証を目的とした、公道走行実証を2019年7月下旬から開始します。

本実証を行うにあたり、シャープはNEDO事業の一環として開発した世界最高水準の高効率太陽電池セル(変換効率34%以上)を車載用にモジュール化して太陽電池パネルを製作しました。トヨタは、「プリウスPHV」のルーフやフード、バックドアなどに同パネルを搭載し、定格発電電力を約860Wまで高めた公道走行用実証車(以下、実証車)を製作しました。大幅に発電電力を向上させたことに加え、「プリウスPHV」では駐車中にのみ行っていた駆動用バッテリーへの充電を、実証車では走行中にも行えるシステムを採用しており、EV航続距離や燃費の大幅向上を見込んでいます。

トヨタは、愛知県豊田市や東京都などにおいて、さまざまな走行条件下で走行実証を行い、太陽電池パネルの発電量や駆動用バッテリーへの充電量などのデータの検証を通じて、今後の車載ソーラー充電システムの開発に活かすことを目的としています。また、実証データの一部は3者で共有し、NEDOが主催する「太陽光発電システム搭載自動車検討委員会」などで、CO2削減効果をはじめ、充電回数低減などの利便性向上効果などを評価し、運輸部門を含めた太陽電池パネルの新規市場創出とエネルギー・環境問題解決へのさらなる貢献を目指します。

※図1・参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513677_01.png

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513677_02.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513677_03.jpg

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513677_04.jpg

参考画像(4)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513677_05.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513677_06.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]