2019年7月20日(土)

プレスリリース

メルセデス・ベンツ日本、電気自動車「EQC」を発表-航続距離400km(WLTCモード)を実現

2019/7/4 11:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月4日

「EQC」を発表

・80kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し航続距離400km(*1)(WLTCモード)を実現

・残価差額の清算が不要なクローズエンドリース(*2)と充実のバッテリー保証による安心のEVカーライフ

・全国約21,000基での充電サービス利用が1年間無料

・発表記念特別仕様車「EQC Edition 1886」を55台限定販売

・「Mercedes-Benz Online Store(メルセデス・ベンツ オンラインストア)」で7月18日から先着順で「EQC Edition 1886」のWeb商談予約開始(*3)

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社:東京都品川区)は電気自動車「EQC」を発表し、「Mercedes-Benz Online Store(メルセデス・ベンツ オンラインストア)」で7月18日午前11時から先着順でEQC Edition 1886のWeb商談予約を開始します。

なお、お客様への納車はEQC Edition 1886は本年10月以降、EQC 400 4MATICは2020年春を予定しております。

EQCは、日本におけるメルセデス・ベンツ初の電気自動車です。電気自動車固有の先進的なデザインを採用した初のモデルとなり、そのエッセンスは今後続々と登場する電気自動車にも採用される予定です。電気のみを動力としており、最高出力408PS(300kW)、最大トルク765N・mを発生します。WLTCモードでの航続距離は400km(*1)、6.0kW(*4)までの交流普通充電と、50kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応しています。また、電気自動車でありながら、先進性の表現だけでなく、これまでのメルセデス・ベンツの特長である安全性、操縦安定性、快適性、利便性、品質などを高いレベルで実現しています。

EQC Edition 1886は、7月18日午前11時からMercedes-Benz Online Store(メルセデス・ベンツ オンラインストア)(*3)にて先着順でWeb商談予約を開始します。1) リース契約満了時に残価の差額清算が不要(*2)なクローズエンドリースもご用意、2) 5年間、10万kmまでの一般保証と無償のメンテナンスプログラム「EQ ケア」を全車標準設定、高電圧バッテリーは8年または16万km以内で、サービス工場の診断機により高電圧バッテリー残容量が70%に満たないと診断された場合の保証を付帯、3) 全国約21,000基での充電利用料及び月額基本料を1年間無料とする、4) 6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体を無償提供するほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートを実施(*5)するなど、初めて電気自動車の保有を検討されるお客様の不安を一掃することができる、安心のプログラムをご用意しています。

また、クローズエンドリースの他に、ローンやクレジットカード一括払い(*6)もご利用いただくことができます。

*1:欧州仕様車での試験結果

*2:走行距離の超過や車両の状態による清算が発生する可能性があります。

*3: https://www.mercedes-eq.jp/lineup/eqc/order

*4:日本における使用で想定される200V・30A充電の場合

*5:本サポートは充電用ウォールユニット無償提供を希望されたお客様が対象となります。また、設置にかかる工事費用は10万円を超える場合があります。なお、本キャンペーンは予告無く終了する場合があります。

*6:クレジットカードのご利用限度額によってはご利用できない場合があります。

※以下は添付リリースを参照

※参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513645_02.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513645_03.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513645_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。