/

富士フイルム、肌のバリア機能を担うセラミドがストレスで減少するメカニズムを解明

発表日:2019年7月2日

肌のバリア機能を担うセラミドが、ストレスで減少するメカニズムを解明

肌のバリア機能を改善する成分を発見

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、肌のバリア機能(異物の侵入を防ぎ、体外への水分蒸散を抑制する機能)を維持するうえで重要な役割を担うセラミドが、ストレスによって減少するメカニズムを解明しました。さらに、生薬として広く使われている「アセンヤクエキス」に、肌のバリア機能を改善する作用を見出しました。

【今回の研究成果】

1. 肌内部でセラミドを生み出す器官「ラメラボディ」の表面に存在するタンパク質「ABCA12」(セラミドの原料である脂質をラメラボディ内部に取り込む役割を担う)が、ストレスによって減少することを見出しました。

2. ABCA12の減少によって、肌のバリア機能が低下することを見出しました。

3. 生薬として広く使われているアセンヤクエキスに、ABCA12の発現を促す作用と、肌のバリア機能を改善する作用があることを発見しました。

当社は、本研究成果を、今秋発売の機能性化粧品に応用する予定です。

【研究の背景】

皮膚の最外層にある「角層」は、異物の侵入を阻止するとともに、体外への水分蒸散を抑制するバリア機能を担っています。角層がセラミドで満たされた肌は、バリア機能の働きが高くなりますが、セラミドは加齢によって減少することが知られています。当社はこれまでに、肌に存在するセラミドと同じ構造を持つ「ヒト型セラミド」を、独自の技術でナノ分散した「ヒト型ナノセラミド」を開発、化粧品に安定かつ高濃度に配合することに成功しています。

今回の研究では、肌荒れの一因とされるストレスと、セラミドの減少に伴う肌のバリア機能低下の関係に着目し、そのメカニズムの解明に取り組みました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513412_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン