2019年7月20日(土)

プレスリリース

企業名|産業
日立製作所電機

クラリベイト・アナリティクス・ジャパンと日立、海外特許文献の調査業務を効率化するサービスを販売開始

2019/6/26 14:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年6月26日

クラリベイト・アナリティクス・ジャパンと日立、海外特許文献の調査業務を効率化するサービスを販売開始

約8,400万件の要約された海外特許情報を提供し、企業の知財戦略立案を支援

学術情報・知的財産・ライフサイエンスに関する世界的な情報サービス企業である、クラリベイト・アナリティクスの日本法人クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社(APAC 統括マネージングディレクター:David Liu/以下、クラリベイト)と、株式会社日立製作所(執行役社長兼 CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、企業の海外事業戦略の立案に必要となる海外特許文献の調査を効率化するサービスを共同開発し、業界シェアトップクラス(*1)の実績を有する日立の特許情報提供サービス「Shareresearch(以下、シェアリサーチ)」のオプションサービスとして、6月26日から販売を開始します。

*1 日本国内の特許出願数上位500社におけるシェア。日立調べ。

本サービスは、世界59の特許発行機関が発行する30言語以上にのぼる約8,400万件(*2)の海外特許情報を高度に翻訳・要約した、クラリベイトの世界最大級(*3)の高付加価値グローバル特許データベース「Derwent World Patents Index(以下、DWPI)」を、シェアリサーチ上で閲覧可能とし、膨大な海外特許文献の調査を効率化するものです。

*2 2019年6月現在。クラリベイト調べ。ユーザーID数:約40,000人、パテントファミリー数:約4,100万件。

*3 特許情報(59特許発行機関+2技術誌)を専門家が編集し、収録しているデータベースはDWPIのみ。

2社のサービス提携により、シェアリサーチを導入している企業において、知的財産部門だけでなく、特許分野に精通していない研究開発部門も、読解が困難な海外特許文献の調査時に、高度に翻訳・要約した特許データを閲覧でき、効率的に海外特許文献を理解することが可能となります。また、DWPIのコンテンツと学術情報を搭載したクラリベイトのプラットフォームである「Derwent Innovation(DI)」も併せて利用するユーザーは、DIで検索・分析した結果を容易に取り込み、シェアリサーチ上で共有することが可能となるなど、企業全体の知財戦略立案に寄与します。

【共同開発の背景】

各企業では海外事業の進展に伴い、海外特許情報を分析した戦略立案を推進しています。一方、昨今の国際的な技術開発競争は激化し、中華人民共和国、ドイツ連邦共和国、東南アジア諸国連合など非英語圏から発行される海外特許文献が増加していることに伴い、調査量は20~40%(*4)増加しています。また、海外特許文献は、記載される言語が多岐に渡るほか、各国の記載ルールも異なるため、読解が非常に困難と言われています。そのため、特許分野の専門知識や外国語の習熟度にかかわらず、効率的に海外特許文献の理解を支援する新しいサービスが求められています。

*4 2018年2月~6月、日立調べ。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512951_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。