2019年7月22日(月)

プレスリリース

日本マイクロソフト、「Empowered JAPANプロジェクト」を開始

2019/6/24 17:09
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年6月24日

テレワークと学び直しによって個人と企業の可能性を最大化する Empowered JAPAN プロジェクトを開始

賛同パートナーと協力し、実証プロジェクトを各地で展開

日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下 日本マイクロソフト)は、Empowered JAPAN 実行委員会(注)(委員長:松村 茂、以下 実行委員会)と連携し、「いつでもどこでも誰でも働き、学べる世の中へ」というコンセプトに基づき、賛同パートナー企業各社と協力しながら、「テレワーク」と「学び直し」によって全国の個人と企業が持つ可能性を拡げるためのプロジェクト"Empowered JAPAN"を開始します。

本プロジェクトは、AI 時代に必要となるITスキル習得やインターン体験など、無償提供の教育プログラムや、地方におけるシェアオフィスやサテライトオフィスの活用、デバイスやツール提供など、テレワーク環境の整備から構成されます。まず、テレワーク・デイズ 2019(2019 年 7 月 22 日 ~ 9 月 6 日)に合わせて、全国の企業および対象地域で求職中の女性向けに教育プログラムを提供開始します。今後、若者や高齢者、障がいをお持ちの方などへ対象を拡大するとともに、より多くの地域へプログラムを展開し、開始2年間で 100 社 100 名の参加、3 年目には自走可能なモデルを確立し、全国展開を目指します。

本プロジェクトの開始にあたっては、日本が直面する少子高齢化、労働人口の減少、東京圏への一極集中などの社会課題解決の一助として、「より多くの個人が、住む場所にかかわらず自らのスキルを活かした仕事を行い、より多くの企業が離れた場所で働く個人を採用し競争力を上げられる世の中」を実現することを目的としています。さらに、個人や企業が AI を使いこなし、より多くのことを達成できるようにするための人材育成も実証していきます。

日本マイクロソフトは、全国の自治体やパートナーと連携して、個人と企業の双方に対する教育プログラムの実証プロジェクトを展開します。Empowered JAPAN 実行委員会は、日本マイクロソフトと連携して佐賀県佐賀市、および愛知県岡崎市で説明会を開催します。

■実証プロジェクト実施地域(全国 7 地域)

・北海道札幌市

・山形県酒田市

・千葉県流山市

・埼玉県吉川市

・愛知県岡崎市

・佐賀県佐賀市、有田町

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512750_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。