2019年7月16日(火)

プレスリリース

CTCとOutSystemsジャパン、「Guided Success Program」を提供開始

2019/6/24 14:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年6月24日

CTC と OutSystems ジャパンが新たな導入サポートプログラムを開始

導入サポートプログラムで迅速かつ円滑なアプリケーション開発を実現

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)と OutSystems ジャパン株式会社(代表取締役社長:アーノルド・コンセンコ、所在地:東京都港区六本木、以下、OutSystems ジャパン)は共同で、OutSystems ジャパンのカスタマーサクセスプログラム「Guided Success Program」(以下:GSP)を 2019 年 6 月から OutSystems プラットフォームを採用する日本のお客様向けに提供します。

OutSystems プラットフォームは、最小限のコーディングでアプリケーション開発を可能にするローコード開発基盤で、ウェブやモバイルアプリなど開発・運用・保守が同一の基盤で視覚的に実現でき、コーディング作業の省力化が期待できます。

今回 CTC と OutSystems ジャパンが提供する GSP は、OutSystems プラットフォームを採用するお客様向けの導入サポートプログラムで、プラットフォーム上でのアプリ開発・リリース・運用が迅速かつ円滑に進められるように構成されているサービス群で、手戻りを削減し、Lead Time to Value(計画段階からシステムの価値を生み出すまでの所要期間)を短縮することが可能です。

導入後の運用フェーズでも、DevOps 改善やプラットフォームの拡張などに役立つサービスを備え、お客様環境に応じたトレーニングでエンジニアのスキルアップを図ることもできます。

アジア太平洋圏内の 2018 年の実績では、GSP により Lead Time to Value で約 20%の短縮効果が実現できています。

CTC は 2015 年から OutSystems の日本での取り扱いを開始し、積極的にアジャイル開発や DevOpsに取り組んでいます。また、OutSystems を活用できる環境を備えたアジャイル開発専用スペース「アジャイルオフィス」も東京と豊田オフィスにそれぞれ開設し、アプリケーションビジネスの拡充に努めています。

CTC と OutSystems ジャパンは、CTC の国内 SI ビジネスでの経験と OutSystems ジャパンの製品エキスパートにおける知見を組み合わせ、日本のお客様向けに共同で GSP の提案と提供を行うことで、お客様の更なる効率化に貢献します。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512711_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。