2019年7月19日(金)

プレスリリース

企業名|産業
パナソニック電機

パナソニック、東京・世田谷区在住の子育て世帯を対象にした宅配ボックスの実証実験結果を発表

2019/6/24 13:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年6月24日

世田谷の子育て世帯を対象とした実証実験の結果を発表

荷物の受け取りに関するストレスを宅配ボックスが軽減

「受け取れれば手渡しでなくても良い」という回答が95%

*参考画像は添付の関連資料を参照

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社は、東京都世田谷区在住の子育て世帯を対象にした宅配ボックスの実証実験「子育て家族の受け取りストレスを減らせ!プロジェクト」を2018年12月3日より実施しました。その結果、不在時に限らず、在宅時の荷物の受け取りにおいても宅配ボックスによってストレスが軽減できることが分かりました。

実証実験では、東京都世田谷区の戸建て住宅に住む子育て世帯50世帯に宅配ボックスを設置し、再配達の削減効果に加え、荷物の受け取りに関するストレスの変化を調査しました。その結果「宅配ボックスにより、荷物の受け取りに関するストレスは軽減されたか」という質問では、軽減されたという回答が100%となりました。さらに、「子供の寝かしつけをしている時に無理に出なくてもよくなった」などの要因から、在宅時の荷物の受け取りについてもストレスが軽減されたという回答が72%になりました。

また、実証実験のモニターに対して追加で行った調査では、荷物を受け取る方法として「受け取れれば手渡しでなくても良い」という回答が95%となり、「直接手渡しで受け取りたい」という回答は5%に留まりました。

今回の実証実験では、在宅時の受け取りにおいても宅配ボックスがストレス削減に有効であることが分かった一方で、子育て世帯は宅配ボックスに入らない大きな荷物を注文する事が多いという課題も分かりました。当社はそうした課題を今後の製品開発に活かすと共に、在宅時にも宅配ボックスの利用を促す啓発活動を実施します。なお、この啓発活動に賛同いただいた物流系ITベンチャーYper(イーパー)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:内山 智晴、以下:Yper)からも啓発活動の認知拡大に協力をいただくと共に、今後は他の企業へも協力を要請していきます。

当社は今後もユーザーの声に基づいた製品を開発し続け、宅配ボックスの普及拡大を図り、ユーザー、運送業者双方の課題解決に取り組んでいきます。

■実証実験結果概要

・受け取りに関するストレスの変化:

 「軽減された」100%

 (「かなり軽減された」71%、「やや軽減された」29%)

・運送業者と非対面での受け取り率

 宅配ボックス設置前:0%→設置後:30%

・再配達による待ち時間(※):

 配ボックス設置前:年間約72時間/世帯→設置後:年間約39時間/世帯

※:再配達1回あたりの待ち時間を2時間と仮定し算出

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512708_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512708_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。