/

慶大湘南藤沢キャンパスとシティグループ、持続可能社会の実現に向けた取り組みに関する連携協力協定を締結

発表日:2019年6月21日

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスとシティグループが持続可能社会の実現に向けた取り組みに関する連携協力協定を締結

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(以下「SFC」)とシティグループ証券株式会社(代表取締役社長兼CEO:リー・ウェイト、以下「シティグループ」)は、2019年6月21日、日本における持続可能社会の実現に向けた取り組みで相互協力することに合意し、連携協力協定を締結しました。これは、日本の産学官民で近年関心が高まるSDGs(持続可能な開発目標)やESG(環境・社会・ガバナンス)投資が、持続可能な社会の発展に不可欠であるという共通認識に基づくものです。

この協定は、日本におけるサステナビリティへの理解を促進し、地域社会に持続可能な発展をもたらすために、慶應義塾大学 SFC研究所xSDG・ラボ(代表:蟹江憲史)が行っている取り組みを拡充、加速化することを目的に締結されたものです。この協定を通じて、シティグループが世界160カ国で培ったサステナビリティ分野における知見とノウハウを、同分野の研究に積極的なSFCに提供し、研究のさらなる進展に貢献することを目指しています。

1.協定の内容

SFCとシティグループは、SDGs/ESG投資に関して社会課題となっている以下の事項について協力して研究に取り組みます。

 (1)持続可能な社会実現のための諸課題の解決に係る評価システムの構築と実装に向けた共同研究・情報提供に関すること

 (2)本協定の目的を達成するための人材育成や教育活動に関すること

 (3)その他、本協定の目的を達成するために必要な事項

2.今後の展開

現時点で予定している活動内容は、以下の通りです。

 (1)投資分野における持続可能社会の実現についての共同研究を通じて機関投資家と学術的な対話を促し、ESG投資の進化・発展を図る

 (2)慶應義塾大学SFC研究所xSDGコンソーシアムへのシティグループの参画を通じて、先進情報を取り込み日本における本研究分野の発展を促す

 (3)人材育成や教育活動分野における取組として、学生向け特別授業や講座・講義の実施

 (4)カンファレンス、ワークショップを通じた成果発信の実施

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン