/

日本無線、NICTが推進する地域連携ICT実証実験「千曲市あんずプロジェクト」に参加

発表日:2019年6月20日

千曲市あんずプロジェクトに参加します

-新しい地域連携ICTの実証実験-

日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次 以下JRC日本無線)は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が推進する 千曲市内に構築した省電力広域無線通信技術(LPWA)によるセンサーネットワークの設備を活用した実証実験(千曲市あんずプロジェクト(※1))に参加する覚書を締結しました。

2019年5月20日には長野県千曲市において第1回千曲市あんずプロジェクト全体会合が開催されました。

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、千曲市、国立大学法人信州大学、パシフィックコンサルタンツ株式会社、株式会社ウェザーニューズ、株式会社IoTコンサルティング、英弘精機株式会社及びナシュア・ソリューションズ株式会社、JRC日本無線は、千曲市内10カ所にLPWA 中継局を設置し、千曲市内全域を実験フィールドとすることで、LPWAセンサーネットワーク設備を用いた実証実験(千曲市あんずプロジェクト)を実施します。本実験の目的は、LPWA技術を活用することで地域市民生活及び利便性向上並びに新規産業活性化など、新しい地域連携ICTの実証実験を行うものです。

2019 年度は覚書を交わした産官学それぞれから提案されている様々なプロジェクトのトライアルを実施。当社は、LPWAセンサーネットワークで取得される降雪情報と気象レーダで観測される情報の比較検証のため、長野市内設置のXバンド気象レーダデータを提供予定です。

※1 あんずプロジェクト:Ambient Networking via Zonal Ubiquitous projectの略称

*参考画像は添付の関連資料を参照

注)内容はリリース時現在のものです

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512543_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0512543_02.jpg

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン