2019年8月18日(日)

プレスリリース

大関、「わが家のレモンサワーの素 直七ブレンド900mlはこ詰」を発売

2019/6/7 10:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年6月7日

~幻の柑橘 高知県産「直七(なおしち)」使用~

「わが家のレモンサワーの素 直七ブレンド900mlはこ詰」新発売!

大関株式会社(社長:長部訓子/兵庫県西宮市)は、居酒屋さながらの味わいがご家庭で簡単に楽しめる「わが家のレモンサワーの素」シリーズに、"幻の柑橘"高知県産「直七(なおしち)」を使用した「わが家のレモンサワーの素 直七ブレンド900mlはこ詰」を新たに仲間入りさせます。

■商品について

2019年3月に新発売しご好評頂いている、居酒屋さながらの味わいがご家庭で簡単に楽しめる「わが家のレモンサワーの素」シリーズに"幻の柑橘"高知県産「直七(なおしち)」を使用した「直七ブレンド」が新たに仲間入り。直七といえば、まろやかな酸味とすっきりした後口。柚子やすだちなどの柑橘類に比べ、酸っぱすぎず、酸味・甘味・苦味のバランスがとれた、優しい味わいが魅力。食中酒としてお料理の味を引き立たせるレモンサワーのシチリア産レモン果汁と直七の果汁をブレンドすることで、よりさっぱりした爽やかな香味となり、ひと味違うレモンサワーの味わいに仕上がりました。ぜひ家族や友人など気の置けない仲間と一緒に、ゆったり家飲みの際は、"幻の柑橘"直七を使用した「わが家のレモンサワーの素 直七ブレンド900mlはこ詰」で一味違ったレモンサワーをお愉しみ下さい。

●直七(なおしち)とは

四国の西南端に位置し、どこよりも早い桜の開花など、温厚な気候に恵まれた土地「宿毛」。この地で「酢みかん」として、昔から人々に愛され、大切に育てられてきた伝説の柑橘、それが直七です。樹齢200年以上と言われる古木にも、毎年たくさんの実がなるほど、生命力の強い果実です。

●なぜ「酢みかん」と呼ばれていた果実が「直七」と呼ばれるようになったのか?

昔、魚屋の直七さんが"魚にかけると美味しい"と勧めたことをことから、この名がついたと言われています。直七さんは、良質で柔らかな酸味がお料理の味を引き立てる事を教えてくれたんですね。

【商品概要】

・商品名:わが家のレモンサワーの素 直七ブレンド

・内容量・容器:900ml/はこ詰

・ランク:リキュール

・アルコール度数:25%

・原材料名:醸造用アルコール(国内製造)、糖類、果汁(濃縮レモン果汁、スダチ果汁)、米焼酎/香料

・参考小売価格:1,080円(税抜)

・発売日:2019年6月24日(月)

・発売地域:全国

※商品画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

商品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511563_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。