2019年8月20日(火)

プレスリリース

企業名|産業
竹中工務店建設・不動産
企業名|産業
HEROZ商社・サービス

竹中工務店とHEROZ、AIを搭載した空間制御システム「Archiphilia Engine」を共同開発

2019/6/5 14:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年6月5日

竹中工務店とHEROZ、AIを搭載した空間制御システム『Archiphilia(TM) Engine』を共同開発

「EQ House」にて、学習によって成長する建築を実証

竹中工務店(社長:佐々木正人)とHEROZ(代表取締役 CEO:林 隆弘)は、HEROZの提供するAI「HEROZ Kishin」を用いた空間制御システム『Archiphilia(TM)(※1)Engine(アーキフィリア エンジン)』を共同開発し、竹中工務店が設計施工を行った「EQ House(イーキューハウス)」プロジェクトにおいて、6月5日より実証実験を開始しました。

竹中工務店とHEROZは、今回の成果をもとに、建物設備へのAI適用を進めていきます。

また、まちづくりに関するソリューションとしての展開を図ることで、社会に貢献することを目指していきます。

【『Archiphilia Engine』について】

通常の建物設備システムは、設備管理員が手動で運転条件(スケジュール・空調や照明のONorOFF・室内温湿度等)を設定しています。今回開発した『Archiphilia Engine』は、センサーから取得したビッグデータとAIによって、運転条件を自動的に最適化し、省エネルギーや省人化を実現します。更に、入居者の好みや快適性といったフィードバックデータを継続的に学習し続けることによって、入居者にカスタマイズされた室内環境を自動的に提供できます。

『Archiphilia Engine』は、ビルコミュニケーションシステム(R)(以下、ビルコミ(R))によって収集・保存されるデータを「HEROZ Kishin」と機能連携させることで構成されています。現在、ビルコミを介した設備制御のみが可能となっていますが、BACnet(※2)などを使って、直接的に建物設備システムを制御するような拡張も可能です。

*参考画像は添付の関連資料を参照

※1 Archiphilia(TM)は、入居者(ヒト)がみずから環境にコミットし、空間をパーソナライズすることで、人とともに成長する建築、または生命が宿る建築を指す造語です。

※2 BACnetは建物設備システムで一般的に使われる通信規格です。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511381_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511381_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。