2019年9月18日(水)

プレスリリース

WSTS、2019年春季半導体市場予測の結果を発表

2019/6/4 15:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年6月4日

WSTS 2019年春季半導体市場予測の結果

○世界の半導体市場動向

2018年の世界半導体市場は、ドルベースの半導体合計は前年比+13.7%と、2017年の同+21.6%に続く二桁成長となった。但し年後半は、米中貿易摩擦に端を発して市況が急速に悪化した。

2019年は、2018年後半の市況悪化の流れを引き継ぎ、月ベースでは前年割れで推移している。

予測値作成時点では米中貿易摩擦やBrexit等、不透明要素を完全には払拭できなかったことに加え、2018年から既に顕在化していたスマートフォン関連需要の頭打ちなどもあり、半導体市場合計で前年比-12.1%と前年割れを予測した。

2020年は、様々な懸案事項の解決に向けた何らかの進展を期待すると共に、データセンタ用設備投資の回復や5G導入に伴う様々なサービスの拡大、自動車の電動化・機能向上の継続などを考慮し、半導体合計で前年比+5.4%とプラス成長に回帰するものと予測した。

なお、US$1に対する円の為替レートは、2017年:112.1円、2018年:110.4円、2019年以降は110.2円を前提としている。

○製品別市場動向(世界市場)

2019年における製品別のドルベースでの市場は、ディスクリートは前年比+1.4%、市場規模245億ドル、オプトは同-1.5%、市場規模375億ドル、センサ&アクチュエータは同-0.5%、市場規模133億ドル、IC全体は同-14.3%、市場規模3,369億ドルと予測した。ICの製品別では、メモリは前年比-30.6%、ロジックは同-4.0%、マイクロは同-1.1%、アナログは同-5.0%と予測した。

2020年は、ディスクリートは前年比+5.1%、市場規模257億ドル、オプトは同+5.9%、市場規模397億ドル、センサ&アクチュエータは同+4.5%、市場規模139億ドル、IC全体は同+5.4%、市場規模3,551億ドルと予測した。ICの製品別予測では、メモリは前年比+6.6%、ロジックは同+5.3%、マイクロは同+4.0%、アナログは同+5.0%と予測した。

○日本の半導体市場動向

2018年の円ベースでの日本の半導体市場は、前年比+7.5%、金額では約4兆4,126億円であった。

2019年は円ベースで同-10.0%と他地域と同様にマイナス成長を予測し、市場規模約3兆9,733億円となるものとみた。

その後、円ベースで2020年は前年比+3.9%、市場規模約4兆1,279億円になるものと予測した。

以上

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511288_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。