プレスリリース

三井住友海上とあいおいニッセイ、「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」の契約件数が10万件を突破

2019/5/31 14:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月31日

~販売好調!! 発売から4か月で到達、後方録画機能も新たに追加~

「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」の契約件数が10万件を突破!

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)ならびにあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:金杉 恭三)は、2019年1月以降始期契約から販売を開始した「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」(※1)の契約件数が、2019年5月に、10万件を突破しましたので、お知らせします。

本商品は、通信型ドライブレコーダーの活用により、事故等で衝撃を検知した場合に、当社へ自動通報し、専用デスクのオペレータがお客さまに事故の初期対応をアドバイスするサービス等を提供する自動車保険です。さらに、今般、「あおり運転」による重大事故の発生を契機に、「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」専用リアカメラで車両後方の運転映像を録画できる機能も新たに追加します。

MS&ADインシュアランスグループは、今後も商品・サービスの提供を通じて、事故のない快適なモビリティ社会の実現に貢献していきます。

※1:商品名

 三井住友海上:「GK 見守るクルマの保険(ドラレコ型)」

 あいおいニッセイ同和損保:「タフ・見守るクルマの保険(ドラレコ型)」

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0511031_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]