2019年8月23日(金)

プレスリリース

企業名|産業
NTTドコモ情報・通信

NTTドコモ、ワントゥーテン開発の「CYBER WHEEL」にドコモの5Gで遠隔プレイを実現

2019/5/29 12:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月29日

ワントゥーテンが開発した「CYBER WHEEL」にドコモの5Gで遠隔プレイを実現

~パラスポーツの普及・振興の推進に向けて~

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と株式会社ワントゥーテン(以下、1→10)は、パラスポーツのさらなる普及と振興を目的に、1→10が開発した車いすレースをVRで体験できるパラスポーツエンターテインメント「CYBER WHEEL(サイバー ウィル)」(以下、本ソリューション)にドコモの第5世代移動通信方式(以下、5G)を活用します。これにより場所を問わず臨場感の高いパラスポーツ体験を可能にします。

2020年に向け、パラスポーツへの注目が高まる中、1→10は、車いすマラソンやレースを楽しく体験できる1人プレイ専用の本ソリューションを2017年1月に開発しました。パラ陸上のレースで使用される車いすレーサーを未来型にデザインし、ヘッドマウントディスプレイを装着して西暦2100年のTOKYOを走り抜け、最高時速60キロにもなる車いすレースの世界を再現し、トップ選手のスピードを追体験できるものです。

一方で、パラスポーツは、他のスポーツと比べると、観戦する機会や実際に体験できる機会が少なく、興味を持ちづらい、"自分ごと化"ができないという課題感があります。そのため、より一層のパラスポーツの普及と振興のためには、パラスポーツの世界観をより身近に体験いただく機会を増やすことが必要と考え、本ソリューションの機能拡張を検討し、遠隔対戦に対応したモデルにバージョンアップすることを決定しました。これを実現するためには、大容量のVR映像をプレーヤーに遅延性を感じさせない使用感で体感できるようにすることが必要となり、ドコモの5Gを活用することとなりました。これにより、場所を問わず、多人数で臨場感の高いパラスポーツ体験を実現することができます。

なお、本ソリューションのプロトタイプを、2019年5月29日(水)から5月31日(金)にかけて東京ビックサイトで開催される「5G Tokyo Bay Summit 2019」に体験展示いたします。

ドコモと1→10は、パラスポーツのさらなる普及と振興のため、5Gなどの次世代テクノロジーを活用したエンターテイメントソリューションの開発を今後も推進して参ります。

・別紙1:本取り組みについて

※添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙1

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510722_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。