プレスリリース

東邦大など、新生児期に見られる腸炎の新たな動物モデルを開発

2019/5/27 11:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月27日

新生児期に見られる腸炎の新たな動物モデルを開発

~新生児壊死性腸炎の原因の解明や治療法の開発に期待~

東邦大学の中野 裕康教授の研究グループは、新たに開発した遺伝子改変マウスを用いて、ネクロプトーシスと呼ばれる新しいタイプの細胞死が、胎児期の小腸上皮細胞で生じることにより、重篤な小腸炎を発症することを明らかにしました。この成果は、ヒト新生児で発症する重篤な壊死性腸炎の発症メカニズムの解明や新たな治療法の開発につながることが期待されます。

この成果は 5 月 24 日に米国の科学誌 iScience にて掲載されました。本研究は兵庫医科大学 大村谷 昌樹主任教授、順天堂大学 内山 安男特任教授、名古屋大学 木山 博資教授、熊本大学 荒木 喜美教授らとの共同研究により、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST)「生体組織の適応・修復機構の時空間的解析による生命現象の理解と医療技術シーズの創出」研究開発領域における研究開発課題「NASH における肝リモデリングを制御する細胞間相互作用の解明と革新的診断・治療法創出への応用」(研究開発代表者:田中 稔)の一環で行われました。

◆発表者名:中野 裕康(東邦大学医学部生化学講座 教授)

◆発表のポイント:

●ネクロプトーシスと呼ばれる新しいタイプの細胞死が胎児の小腸で生じる遺伝子改変マウスを開発しました。

●そのマウスでは、ネクロプトーシスを起こした小腸上皮細胞が特殊なリンパ球を活性化し、その活性化されたリンパ球の分泌するサイトカインが小腸上皮細胞にアポトーシスを誘導し、重篤な小腸炎を生じることを見出しました。

●ヒト新生児、特に未熟児が時に壊死性腸炎と呼ばれる重篤な病気を発症することが知られています。今回のマウスモデルを用いた研究成果により、その原因の解明や新たな治療法の開発につながる可能性が示されました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510480_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]