2019年6月19日(水)

プレスリリース

プジョー・シトロエン・ジャポン、コンパクトカー208の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を発売

2019/5/23 12:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月23日

208の"運転のしやすさ"と"運転の楽しさ"をさらに充実させた欧州コンパクトカーの決定版

特別仕様車208 Allure Fun Edition登場

*参考画像は添付の関連資料を参照

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都目黒区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、5月23 日(木)よりプジョーブランドのコンパクトカー208の特別仕様車として208 Allure Fun Editionの発売を開始したことを発表いたします。

208は、プジョーのコンパクトレンジを担う重要なモデルの一つで、現在もプジョーブランドの国内販売比率の約17%を占める人気車種です。今回投入される特別仕様車208 Allure Fun Editionは、そんな208の持つ魅力である"運転のしやすさ"と"運転の楽しさ"をさらに充実させ強調したモデルとなります。洗練され、かつキュートなスタイリングには"運転の楽しさ"を提供するパンチのある1.2L 3気筒ターボのPureTechエンジン、軽量ボディ、6速オートマチックトランスミッションが備わっています。"運転のしやすさ"につながるi-Cockpit(208が初採用)などに加え、ここに特別装備としてフロントソナー、パークアシストなどを追加いたしました。また、専用色プラチナ・グレーも設定しています。

この208 Allure Fun Editionを本年度2019年における208の販売における中心モデルとして位置づけています。

■グレード構成

・モデル名:208 Allure Fun Edition

・ボディ:5ドア

・パワートレーン:

 ‐1.2L 直列3 気筒ターボ

 ‐81kW/5,500rpm(110ps)

 ‐205Nm/1,500rpm

・トランスミッション:6速オートマチック EAT6

・税込価格:¥2,390,000

・モデル名:208 Allure Fun Edition パノラミックガラスルーフ

・ボディ:5ドア

・パワートレーン:

 ‐1.2L 直列3 気筒ターボ

 ‐81kW/5,500rpm(110ps)

 ‐205Nm/1,500rpm

・トランスミッション:6速オートマチック EAT6

・税込価格:¥2,490,000

■特別仕様装備内容

・フロントソナー&パークアシスト(縦列駐車のみ)

・16インチ アロイホイール

 ※他、安全装備などはAllureと同一で装備しています。

・バックソナー

・バックアイカメラ

・ヒルスタートアシスタンス

・アクティブシティブレーキ

 など

なお、ボディカラーはリオハ・レッド(写真)、ビアンカ・ホワイト、ダーク・ブルー、プラチナ・グレー、の4色展開となります。

■PEUGEOT

顧客へのブランドのコミットメントは、爽快で情熱に満ちたドライビング、個性的なデザイン、そして妥協のない品質を示しています。これらのDNAは、プジョーの全てのモデルに注がれています。プジョーは世界へ向けて多彩な商品を提供するメインストリーム・ブランドを目指し、緻密なデザイン、高い品質水準、そしてエモーションを融合しています。1889年に始まったブランドの歴史は、2017年ダカールラリーにおける3008DKR の歴史的な1-2-3 フィニッシュによって新たな栄誉を獲得、2018年も総合優勝を果たし3連覇を達成いたしました。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510289_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報