2019年6月25日(火)

プレスリリース

企業名|産業
イオン流通・外食

イオン、トップバリュ環境配慮型商品24品目を順次発売-紙や木材を使用した簡易食器など

2019/5/23 12:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月23日

6月は環境月間、一人ひとりが日々のくらしを見直すきっかけに

買物を通じて環境保全に貢献したい、という声にお応えする

トップバリュ 環境配慮型商品を拡充

イオンは6月4日(火)より、全国の「イオン」「イオンスタイル」等、約510店舗にて、リサイクル原料を使用したマイバッグや、プラスチックの削減に向けて紙や木材を使用した簡易食器など、トップバリュ環境配慮型商品24品目を順次発売します。

イオンは1991年、資源の有効活用や温暖化防止の観点から「買物袋持参運動」を開始し、2007年からは「レジ袋無料配布中止」にも取り組んでいます。その後も、自然資源の持続可能性の高い調達の実現に向けて、農産物や水産物にも環境に配慮した認証商品を取り扱うなど、お客さまとともに買物を通じて環境保全につながる、さまざまな取り組みをおこなっています。

また近年、石油資源の枯渇やプラスチックごみによる環境汚染などの問題により、使い捨てプラスチックを見直そう、という声も高まっています。

こうした中イオンは、使い捨てプラスチックの削減と資源の持続可能な調達への取り組みを加速するため、環境に配慮した商品を企画・開発し、取り扱いを拡充します。

■2つの視点から環境配慮型商品を拡充

※参考資料は添付の関連資料を参照

これからもイオンは、環境に配慮した商品の品揃えを拡充し"使い捨て"から"持続可能な社会"の実現に向けて、お客さまとともに、さまざまな取り組みを続けてまいります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510281_01.pdf

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510281_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報