2019年6月24日(月)

プレスリリース

企業名|産業
KDDI情報・通信

KDDI、波動制御技術をコアとした視聴触覚技術のピクシーダストテクノロジーズへ出資

2019/5/23 11:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月23日

KDDI Open Innovation Fund 3号 波動制御技術をコアとした視聴触覚技術の社会実装を行うピクシーダストテクノロジーズへ出資

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 誠、以下 KDDI)は、5G時代における有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者:グローバル・ブレイン株式会社、以下 KOIF3号)を通じて、波動制御技術をコアとした視覚触覚技術の社会実装を実施するピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:落合 陽一、代表取締役COO村上 泰一郎、以下 PDT)に出資したことをお知らせします。

PDTは、PDT独自の波動制御技術「HAGEN 波源」(注)をコアとして、デジタルデータをもとに創造物を作成する技術であるデジタルファブリケーションや、人口知能技術を用いたソリューションを顧客企業と共同開発などを行っています。また、空間把握や空間制御による顧客課題に根差したソリューションを顧客企業と共同で開発しています。PDTが現在事業化を推進している技術・プロダクト例は以下のとおりです。

[1]Pixie Dust

超音波フェーズドアレイを用いた3次元音響浮遊技術です。超音波で物体を浮かせることができることは従来から知られていましたが、その空間分布を制御することにより、浮かせた物体を自在に動かしたり従来とは異なる並び方で浮かせたりすることが可能です。

アプリケーションとしては、工場のなかでロボットアームを使わずに小さい部品を個別に持ち上げたり、医薬品や化粧水などの液滴をボトルまで搬送したりすることが考えられます。また白い粒子を面状に配列することによって、空中に映像投影のためのスクリーンを設置するなど、エンターテインメントやアドバタイズメントへの応用の可能性もあります。

※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

[2]Holographic Whisper

超音波の焦点をつくることで何もない空中から音を発生させる音響技術です。音の発生位置、再生する音声、ボリュームをうまく切り替えることで、誰に何をどこから聞かせるかを制御できます。

映像の中で注意を向けたい方向から音声を聞かせたり、イベント会場の特定の場所を通ったときのみ情報を届けたりと、視覚情報や位置情報と連動した没入感の高い演出が可能になります。また音量を絞ることによる特定の人物にだけ音声を届けることができます。これにより秘匿性の高い情報伝達や、周囲への音漏れに配慮したコミュニケーションなどが可能になります。さらに超音波焦点の位置を切り替えることにより、複数の人物にそれぞれ異なる音声を届けることもできます。

※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

KDDIは本出資を通じ、PDTの産学連携技術の社会実装を支援するとともに、「視覚」や「聴覚」、「触覚」を活用した5G時代の新たなインタラクションの活用事例を強化していきます。将来的に、PDTの空間把握ソリューションとKDDIのデータ分析技術により先進的かつ革新的なビジネス促進を支援していきます。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、有望なスタートアップ企業への出資を通じたビジネス共創を促進し、新しい体験価値を創造していきます。

詳細は別紙をご参照ください。

・別紙:KDDI Open Innovation Fund 3号 波動制御技術をコアとした視聴触覚技術の社会実装を行うピクシーダストテクノロジーズへ出資

※別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510275_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510275_02.jpg

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510275_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報