2019年6月27日(木)

プレスリリース

企業名|産業
豊田通商商社・サービス

豊田通商子会社、レアメタルのリサイクルを手掛けるメタルドゥへ追加出資-車載用電池リサイクル事業拡大

2019/5/22 14:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月22日

レアメタルのリサイクルを手掛けるメタルドゥへ追加出資を実施

~車載用電池リサイクル事業の拡大に向けて~

豊田通商株式会社の100%出資連結子会社である豊通マテリアル株式会社( http://www.toyotsumaterial.co.jp/ )(以下、豊通マテリアル)と、株式会社メタルドゥ( https://www.raremetal.co.jp/ )(以下、メタルドゥ)は、豊通マテリアルが2003年に出資を行いレアメタルの販売などで連携してきたメタルドゥの株式を23.8%追加取得し、株式比率を33.4%に引き上げます。それに伴い、同社を関連会社化し、豊通マテリアルから取締役2名を派遣する予定です。これにより、両社はレアメタルリサイクル自体の強化と、その取扱いを増やしていく予定です。

豊通マテリアルは、様々な金属を取り扱う商社として鉄鋼原料・非鉄製品・レアメタルの調達、販売を行っています。また、環境負荷低減や資源の有効利用のための金属リサイクルビジネスを展開しており、工場や廃車から発生する金属スクラップの回収・販売などを行っています。

メタルドゥは、電池およびニッケル・タンタル・チタンなどのレアメタルスクラップの回収・加工・販売事業を行う商社です。大阪市・神戸市・東京都内の3か所にヤード・加工拠点を保有しており、レアメタルスクラップ回収数量では国内トップクラスです。また近年はスーパーアロイ(※1)原料向けスクラップ販売に注力するなど、より高付加価値なビジネスを展開しています。

今後自動車の電動化が見込まれる中、豊通マテリアルは、ELV(※2)回収ネットワーク、ヤード・加工拠点など豊田通商グループ全体のネットワークと、メタルドゥが持つリチウムイオン二次電池スクラップの取り扱いノウハウを活かしてシナジーを創出し、車載用電池リサイクル事業の拡大に向けて取り組みを一層強化していきます。

■会社の概要

*添付の関連資料を参照

※1 航空機エンジン・発電用タービンブレード等の材料となる耐熱合金

※2 使用済み自動車(End of Life Vehicleの略)

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

会社の概要

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510188_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報