2019年6月20日(木)

プレスリリース

企業名|産業
凸版印刷商社・サービス

凸版印刷、1枚のカードやスマホアプリだけで複数決済サービスをキャッシュレス利用できる「地域Pay」を提供開始

2019/5/22 10:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月22日

凸版印刷、地域のキャッシュレス化を推進

1 枚のカードやスマートフォンのアプリだけで複数の決済サービスをキャッシュレスに利用できる決済プラットフォーム「地域 Pay」の提供を開始

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、地域における決済サービスをまとめてデジタル化し、1 枚のカードやスマートフォンのアプリだけで複数の決済サービスのキャッシュレスな利用を可能にすることで、地域のキャッシュレス化を実現する決済プラットフォーム「地域 Pay(TM)(チイキペイ)」の提供を全国の自治体や商店街に向けて 2019 年 5 月 22 日より開始します。

「地域 Pay」は、自治体や商店街における独自の電子マネー、ポイント、プレミアム商品券、給付金、観光客向けのクーポン発行など地域における複数の決済サービスを地域の特長に応じて組み合わせ、まとめてデジタル化することが可能です。住民などの利用者はカードやスマートフォンのアプリを通じて各種決済サービスを利用することができます。

具体的には、凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーが共同で運営する決済基盤「サーバ管理型プリペイドASP サービス(※1)」のシステムを活用することで複数の決済サービスをまとめてプラットフォーム化。店舗や施設で利用されたさまざまなサービスの決済情報を「地域 Pay」のプラットフォームシステムで処理することで、カード 1 枚やスマートフォンのアプリによる各種サービスの利用を実現します。自治体や商店街などは「地域 Pay」を導入するだけで簡単に地域のキャッシュレス化が可能です。これにより決済を切り口とした地域の消費活性化や観光客誘致に寄与するデジタルでのプロモーション展開を実現することができます。

なお「地域 Pay」は 2019 年 5 月 22 日(水)から 24 日(金)まで開催される「自治体総合フェア 2019」(会場:東京ビッグサイト)の凸版印刷ブース(西 3 ホール・小間番号 L-34)にて展示します。

*参考画像は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510117_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0510117_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報