プレスリリース

DMP、DMPエッジAIプロセッサIPコア「ZIA DV700」の後継となる新型IPコア「ZIA DV720」を販売

2019/5/21 10:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月21日

ZIA(TM) DV720 IPコア リリースのご案内

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP)は、本日よりDMPエッジAIプロセッサIPコア「ZIA(TM) DV700」の後継となる新型IPコア「ZIA(TM) DV720」を販売します。

新製品DV720はDV700と同様、ディープラーニングの推論処理に特化した低消費電力プロセッサIPで、画像、動画、音声などといったあらゆるデータに対する推論処理を可能にします。

DV720はDV700のディープラーニング専用演算器(MAC)を最適化することで、さらなる小型化と高性能化を実現しました。同時に、従来ソフトウェアで処理させていたINT8bit/FP16bitコンバータのハードウェア化、およびIPコア内部のパイプラインを効率化したことで、16nmプロセスのASIC搭載時に1GHz以上の動作周波数を実現します。また、ザイリンクスのZynq(R) UltraScale+(TM) MPSoCに搭載時は、DV700と比較して60%の小型化と3.2倍以上の高性能化を両立した上で、コア周波数420MHzで動作させることが可能です。このためFPGA使用時においても従来のASICに近い性能を達成することができ、高性能なエッジAIアプリケーションの実現に最適なAIプロセッサです。

DV720のSDK/Toolは、従来品との後方互換性を確保しています。お客様はCaffe、Keras、TensorFlowといった汎用AIフレームワークを活用した学習済みネットワークを用意すれば、容易にDV720で推論処理を行うことが可能となります。DV700同様にディープラーニング専用演算器(FP16bitサポート)で推論処理を行うため、高性能および高精度を要求される先進運転支援システム、次世代ロボット、ドローン、セキュリティ監視ソリューション、メディカルなど各種エッジアプリケーション製品への適用が可能です。

また、DMPは6月3日より、ZIA(TM) FPGAモジュール「ZIA(TM) C3」へDV720を実装した新バージョンのリリースおよびアップグレードを予定しています。

DMPは、今後もIPおよびモジュール製品の提供を通じてお客様のエッジAIアプリケーションの開発に貢献して参ります。

※DV700、DV720は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託業務の成果を一部活用しています。

■株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)について

DMPは、独自開発した組込機器向け2D/3Dグラフィックス技術のハードウェアIPやソフトウェアIPのライセンス、ならびにこれらのIPを搭載したグラフィックスLSI事業を展開する研究開発型のファブレス半導体ベンダーです。近年はAI分野において世界をリードする「AI Computing Company」となるべく、AIプロセッサIP、ハード/ソフト製品、サービスを含む幅広いポートフォリオと独自に構築したAIエコシステムを通じたソリューションの提供を行っております。

(C)2019 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル DMP、DMPロゴは株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルの登録商標です。その他記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]