プレスリリース

東陽テクニカ、UniqueSec社と日・米・中で代理店契約締結-第一弾としてターゲットシミュレータを発売

2019/5/16 12:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月16日

~UniqueSec社と日・米・中で代理店契約締結~

衝突防止ミリ波レーダーとADASの評価を室内で実現する業界初のターゲットシミュレータ「ASGARD1」を発売

"人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜"に初展示

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、最新の商用短距離レーダー向け信号処理アルゴリズムおよび試験・検証ソリューションメーカーのUniqueSec AB(本社:スウェーデン ヴェストラ・イェータランド県ホヴァ、UniqueSec社)と、日本国内総代理店および米国・中国における販売代理店契約を締結いたしました。第一弾として、衝突防止用ミリ波レーダーセンサや先進運転支援システム(ADAS)の評価が室内で簡単にできる、ターゲットシミュレータ「ASGARD1」を2019年5月20日に発売いたします。

これは、衝突防止用ミリ波レーダーセンサ単体の評価やミリ波レーダーセンサ搭載車両のADAS機能検証のために、相対速度や距離のシミュレーションを効率よく実施できるシステムで、RF フロントエンド、信号発生装置およびソフトウェアから構成されます。遅延回路をベースとした一般的な製品より、レーダーとターゲット間のシミュレーション可能な距離をはるかに短縮し、自動車が衝突する直前までのシナリオを再現できる業界初(※1)の機能を持った画期的な製品です。

自動車技術者のための国内最大の技術展「人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜」(会期:2019年5月22日(水)~24日(金)、会場:パシフィコ横浜)に、本製品を実機展示(初展示)いたします(ブース番号:116)。

*参考画像は添付の関連資料を参照

より高度なADASや自動運転の実現のため、自動車メーカーや車載機器メーカーではさまざまなセンサの開発が活発に行われており、センサ性能の確認評価がますます重要になっています。開発が進むコアセンサの一つであるミリ波レーダーセンサの評価では、前方車両や歩行者、自転車などのターゲットを設置してテストを実施しますが、複雑なシナリオで試験を実施するには、多くのターゲットを用意してシナリオ毎に設置替えをしながら、屋外テストコースでの試験やフィールド測定を多数実施する必要があり、コストや時間・手間がかかります。また、現在主流である遅延回路ベースのターゲットシミュレータは信号処理による遅延や回路自体の長さにより、ターゲットまでの最小距離を数メートル以下に減らすことができないため、自動車アプリケーションでの衝突直前までのシナリオに対応できず、ADASの衝突防止機能の試験を実施することができません。

新製品のターゲットシミュレータ「ASGARD1」は、衝突防止用ミリ波レーダーセンサの評価をするために、室内で前方車両の動きを模擬できるターゲットシミュレータです。ミリ波レーダーセンサ単体の性能評価やミリ波レーダーセンサ搭載車両のADAS機能試験を目的として、相対速度および距離のシミュレーションを効率よく実施できる製品です。制御ソフトウェアでレーダーの反射信号を生成し、複数のターゲットに対する距離や相対速度といったパラメータを自由に変化させて、試験対象物のレーダー機能評価を行うことができます。オフィスのデスク上に設置できるほどコンパクトで、環境がコントロールされた室内で試験を実施できるため、再現性の高い評価が可能です。また、設定が簡単で時間をかけずに完了でき、すぐに評価を開始することができます。

特許取得の周波数スペクトラムドメインでの信号処理技術(※2)を利用して、業界で初めて試験対象物のレーダーとターゲットの距離をほぼ0mまで縮め、衝突直前までのシナリオを含めミリ波レーダーセンサが利用されるさまざまな環境を、より正確にシミュレーションすることができます。実環境に近い状態でADASや自動運転車の振る舞いを評価でき、安全性を格段に向上させます。

また「ASGARD1」と、当社が扱うRototest Energy社のハブ結合式シャシダイナモメータシステムや、岩根研究所と共同開発したドライビングシミュレータ用実写映像再生ソフトウェアと組み合わせ、ADASや自動運転機能評価のためのオリジナルソリューションとしても販売いたします。

東陽テクニカは、最先端の車載センサ計測システムだけでなく、多くの分野の製品を取り扱う強みを活かして、高付加価値のユニークなソリューションも提案することで、より安心・安全なADASや自動運転システムの開発に貢献してまいります。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0509679_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0509679_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]