プレスリリース

NTT-AT、米Wave2Wave・伯東と光配線切替ロボット「ROME」の国内独占販売契約を締結

2019/5/13 15:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年5月13日

NTT-AT、米Wave2Waveおよび伯東との三社間で光配線切替ロボット「ROME」の国内独占販売契約を締結

NTT アドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村 丈治)は、米Wave2Wave(ウェーブツーウェーブ)Solution Corporation(以下:Wave2Wave、本社:カリフォルニア州フリーモント、CEO:David Wang)社製の光配線切替ロボット「ROME」(Robotic Optical Management Engine)シリーズの販売において、輸入商社の伯東株式会社(以下:伯東、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:杉本 龍三郎)との三社間で日本国内独占販売契約を締結いたしました。

「ROME」シリーズは、ネットワーク開発ラボおよびデータセンタ運用に必要不可欠な機器間の配線切替をロボットによる光ケーブルのつなぎ替えで実現します。これにより、ヒューマンエラーの防止、配線管理の省力化、切替作業時間の短縮など、労働生産性向上およびコスト削減効果に貢献します。

■契約締結に至った背景

現在、ネットワーク開発ラボおよびデータセンタ運用における装置間の光ケーブルの配線作業は、主にパッチパネル上の光コネクタを人手で接続しているため、ヒューマンエラーによる事故の発生や不十分な作業履歴管理によるセキュリティレベルの低下、切替作業の長時間化などの課題があります。

ROMEシリーズは、人手で行っていた装置間の光ケーブル配線切替をロボットによって実現することで、こうした課題を解決するとともに、エレガントな配線、配線管理の省力化、リモートでの切替変更など、今後、労働人口が減少する中で、光配線ロボットを活用した自動化により労働生産性向上に貢献することが期待されます。

※参考画像は添付の関連資料を参照

NTT-ATは、ROMEシリーズの光学特性を確保するための光ケーブルの物理接続、また装置内部で絡むことのない光ケーブルの配線設計等のクロスコネクト方式に着目し、それまで国内唯一のROMEシリーズの輸入商社であった伯東とともに、NTT-ATの得意とするネットワーク市場へのプリセールスを実施したところ、現在抱えている課題の解決や導入効果をご理解いただくなど、大きな反響がありました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0509381_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0509381_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]