プレスリリース

富士キメラ総研、イメージング&センシング関連部品・デバイスの世界市場調査結果を発表

2019/4/23 17:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年4月23日

高機能化に伴い自動車、モバイル分野などで拡大が続く

イメージング&センシング関連部品・デバイスの世界市場を調査

-2024年予測(2017年比)―

■イメージング&センシング関連部品・デバイスの世界市場 10兆4,529億円(62.2%増)

 ~モバイル機器の複数カメラ搭載、自動車の安全装備の搭載増などが要因~

●車載カメラモジュール 6,740億円(2.6倍)

 ~ビューイング・センシング共に需要が増加~

●LIDAR 1,850億円(3.0倍)

 ~2022年以降は自動車への搭載が本格化~

●ミラーレス一眼カメラ【数量ベース】 470万台(14.1%増)

 ~高機能化でユーザー層拡大~

マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キメラ総研(東京都中央区日本橋小伝馬町 社長 田中 一志)は、3Dセンシングや高解像度化などの進展により、自動車、モバイル、セキュリティ、産業分野において需要が増えている光学機器・デバイスの市場をイメージング・センシングという切り口から調査し、その結果を「2019 イメージング&センシング関連市場総調査」にまとめた。

この調査ではイメージング&センシング関連部品・デバイスとして光学ユニット11品目、半導体デバイス8品目、光学部品8品目、光学関連材料・装置7品目の光学関連部品・デバイス計34品目と、そのアプリケーションとして民生機器3品目、社会インフラ系カメラ10品目、情報入出力機器4品目の計17品目の世界市場を分析し、その動向と将来を予想した。なお、市場は生産ベースで算出した。

<調査結果の概要>

■イメージング&センシング関連部品・デバイスの世界市場

○2018年見込:7兆1,363億円

 ・2017年比:110.7%

○2024年予測:10兆4,529億円

 ・2017年比:162.2%

市場は、光学ユニット、半導体デバイス、光学部品、光学関連材料・装置の4分野34品目を対象とした。特に光学ユニット、半導体デバイスは年平均成長率7%以上(2017年から2024年)が予測される。

光学ユニットでは、車載カメラモジュール、車載カメラ用レンズユニット、ヘッドライトシステム、HUD、LIDARなど車載関連が伸びている。また、小型カメラモジュールやモバイルレンズユニットは、スマートフォン搭載カメラの複眼化により需要増加が期待される。

半導体デバイスでは、センシング用途やスマートフォン搭載カメラの複眼化による需要増加が予想される。エリアイメージセンサー、TOFセンサー、赤外光LEDパッケージ、VCSEL、マイクロボロメーターなどの伸びが期待される。また、プロジェクターでは、レーザー光源へのシフトが進んでおり、可視光半導体レーザー(プロジェクター用)も大きく伸びるとみられる。

光学部品、光学関連材料・装置も堅調な伸びが予想される。光学部品では光学フィルター、ウエハレベルレンズ、ヘッドライト用光学部品、HUD用光学部品、レーザー加工機用光学部品、光学関連材料・装置ではレンズ用樹脂材料や光学接着剤、射出成形機の伸びが期待される。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508405_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]