2019年9月20日(金)

プレスリリース

ワコール、デジタル技術活用の接客サービス「3D smart & try」を開始-3Dボディスキャナーと接客AI

2019/4/18 10:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年4月18日

"インナーウェア体験の未来を創る"接客サービス「3D smart & try(スマート アンド トライ)」(◇)を開始

~デジタル革新で、より的確に。パーソナライズに。ストレスフリーに。~

◇ロゴは添付の関連資料を参照

株式会社ワコール(本社:京都府京都市、代表取締役社長:伊東知康)は、インナーウェア選びにおけるお客様満足度の向上をめざし、デジタル技術を活用した新しい接客サービス「3D smart & try(スマート アンド トライ)」を開始し、そのサービスを体験できる次世代インナーウェアショップ「ワコール 3D smart & try」を2019年5月30日に東急プラザ表参道原宿にオープンします。

ワコールでは、お客様の多様なニーズに対応すべく、店舗におけるお客様サービスをデジタル技術で革新するとともに、店舗とECの連携を図る独自の「オムニチャネル戦略」を推進しています。

「3D smart & try」では、ワコール独自の3Dボディスキャナーと接客AI(人工知能)により、サイズ、体型、お悩みやお好みのデザイン、シルエット等に対応した最適なブラジャーを数多くある中から絞り込んで提案します。(特許出願中)

ワコールが独自に開発した3Dボディスキャナーは、わずか5秒で周径だけでなく体積(バストのボリューム)を計測し、体型の特徴を判定。接客AIは、商品情報に加え、ワコールの販売員の接客ノウハウを学習させることでお客様と自然な対話を行いながら、お客様のサイズ、体型を踏まえご要望にあう商品を選ぶことができます。従来のブラジャー選びのストレスを軽減する、新しいインナーウェア選びの体験を提供します。

この新しい接客サービスは次世代ショップにとどまらず、今後、様々なチャネルの店舗に展開し、お客様との対話からよりパーソナライズな情報を学習しながら、未来に向けて顧客体験を変えていきます。

ワコールは、お客様一人ひとりに寄り添い、「深く、広く、長く」つながる環境を創造し、競争優位性の強化を図ります。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507945_01.JPG

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507945_02.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507945_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。