/

不動産経済研究所、2018年度(2018年4月~2019年3月)の首都圏の建売住宅市場動向を発表

発表日:2019年4月17日

《首都圏の建売住宅市場動向》

-2018年度(18年4月-19年3月)-

◎供給は0.1%減の4,752戸、ほぼ横ばいで2年連続の5,000戸割れ。

◎平均価格は5,126万円、4.4%アップして5,000万円台に。

1. 18年度の新規発売戸数は4,752戸である。対前年同期(4,756戸)比4戸、0.1%の減少。

2. 18年度の地域別発売戸数は東京都1,338戸(全体比28.2%、対前年同期比7.4%減)、千葉県1,179戸(同24.8%、同11.3%減)、埼玉県1,489戸(同31.3%、同13.0%増)、神奈川県697戸(同14.7%、同13.0%増)、茨城県49戸(同1.0%、同4.3%増)となっている。

3. 新規発売戸数に対する契約戸数は2,099戸で、平均契約率は44.2%、前年同期の48.5%に比べて4.3ポイントダウン。

4. 18年度の1戸当り平均価格は、5,126.0万円である。

 17年度は4,911.3万円であったので、前年同期比総額では214.7万円(4.4%)アップしている。

5. 18年度の地域別平均価格は東京都7,026.5万円、千葉県3,780.6万円、埼玉県4,150.1万円、神奈川県5,891.3万円、茨城県4,372.0万円。

◎調査対象

(a)物件所在地:東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県南部

(b)民間業者による分譲物件:不動産協会、全国住宅産業協会会員主体

(c)原則として総戸数が10戸以上の物件

※以下の資料は、添付の関連資料「首都圏建売市場動向 2018年度」を参照

 1.建売住宅供給戸数(都県別・年度別)

 2.建売住宅概要(都県別・年度別)

 3.建売住宅月間主要指標の推移(新規発売分)

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

首都圏建売市場動向 2018年度

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507884_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン