/

不動産経済研究所、2018年度(2018年4月~2019年3月)の首都圏マンション市場動向を発表

発表日:2019年4月17日

《首都圏マンション市場動向》

-2018 年度(2018 年4 月~2019 年3 月)-

◎供給は0.5%減の3 万6,651 戸とほぼ横ばい。初月契約率は6.8P ダウンして62.0%に。

◎平均価格は0.1%上昇の5,926 万円、m2単価も1.3%上昇の87.5 万円。単価は7 年連続アップ。

(1)2018 年度の供給は3 万6,651 戸、前年度(3 万6,837 戸)比0.5%の減少。(過去最多は2000 年度の9 万5,479 戸)。

(2)東京都区部5.7%減、都下9.3%減、神奈川県8.5%減、埼玉県22.6%増、千葉県26.4%増。

(3)初月契約率の平均は62.0%、前年同期(68.8%)比6.8 ポイントダウン。年度としては3 年連続の60%台。

(4)1 戸当たりの価格は5,926 万円、1 m2当たり単価は87.5 万円。

 前年度比で戸当り価格5 万円(0.1%)の上昇、m2単価は1.1 万円(1.3%)の上昇。

◎首都圏のマンション市場 2018 年度の特徴

(1)マンション市況は発売戸数が2 年ぶりの減少も186 戸減とほぼ横ばい。埼玉県と千葉県が伸ばすものの都区部などは減少。

(2)初月契約率の平均は6.8 ポイントダウンの62.0%、3 年連続で70%を下回るものの60%台は維持。

(3)戸当たりが2 年連続、単価が7 年連続の上昇も上昇幅は縮小。戸当たりは1990 年度(6,214 万円)以来の高水準続く。

(4)供給戸数は埼玉県(22.6%増)と千葉県(26.4%増)が大幅増。東京都(1 万8,857 戸)のシェアは51.5%。

(5)2019 年3 月末時点の在庫は8,267 戸。2018 年3 月末時点(6,498 戸)比で1,769 戸の増加。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507881_01.pdf

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン