2019年5月21日(火)

プレスリリース

企業名|産業
ウシオ電機電機

北里大とプロトセラ、多数の新規受容体医薬品候補の創出で技術提携契約を締結

2019/4/11 15:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年4月11日

北里大学とプロトセラ、網羅的受容体探索において技術提携

―広範囲な疾患領域でのリガンド/受容体データベースの構築と受容体拮抗薬の開発―

北里大学(本部:東京都、学長 伊藤 智夫)とウシオ電機株式会社(本社:東京都、執行役員社長 内藤 宏治)の連結子会社である株式会社プロトセラ(本社:大阪府、代表取締役社長 田中 憲次、以下プロトセラ)は、多数の新規受容体医薬品候補の創出を目的に、2月1日付で技術提携契約を締結しましたのでお知らせします。

受容体医薬品は、分子標的医薬品の中で最も治療効果と安全性に優れ、世界の医薬品市場の60%(30兆円)を占めています。北里大学とプロトセラは、北里大学が探索し生理作用を発見したペプチドを用いて、プロトセラが特許を保有する膜タンパク質ライブラリ(MPL)技術によって、血圧降下作用等の生理活性を示すサリューシン-βの受容体がATP合成酵素β鎖であることを明らかにし、2018年12月に論文を発表(※)しました。

プロトセラの技術の有用性と効率性が証明されたため、北里大学が所有する有用ペプチドライブラリーを使用して、網羅的に受容体を探索し、リガンド/受容体データベースの構築と受容体拮抗薬の開発を実施します。生物学的製剤(抗体)治療、遺伝子治療、細胞医療、再生医療、免疫阻害薬治療開発に見られる創薬手法の高度化は、今日の創薬標的発見の困難さを示しています。広範囲な疾患領域で構築されるリガンド/受容体データベースが、将来の適切な治療(Precision medicine)に貢献することが期待されます。

※論文名:

Identification of the salusin-β receptor using proteoliposomes embedded with endogenous membrane proteins[日本語:内在性膜タンパク包埋プロテオリポソームを利用したサリューシン-β受容体の同定]

Scientific Reports;volume 8,Article number:17865(2018)

 参考URL:https://www.nature.com/articles/s41598-018-35740-6

【研究の概要】

臨床的に有用な生理活性ペプチドホルモンやペプチド性バイオマーカーの同定は容易ではなく、近年はヒト循環血中からの新規生理活性因子はほとんど発見されていません。しかしながらこのたび、北里大学理学部附属疾患プロテオミクス・センターおよび医学部内分泌代謝内科学が共同開発した『ヒト血漿ペプチドーム技術』[1]により、ヒト循環血中から18000種類以上の内在性ペプチドが構造決定されました。

得られたペプチドの配列と翻訳後修飾情報から、バイオインフォマティクス解析により既知の生理活性ペプチドに類似の構造を有するペプチドを選別し、培養細胞や摘出臓器を用いた細胞・組織学的検討に疾患モデル動物を用いた薬理学的検討を加えて、新規有用ペプチドとして受容体探索用リガンドに供します。

これらのペプチドをリガンドとして、プロトセラの特許技術である『Membrane Protein Library(R)(MPL)法』[2]と『BLOTCHIP(R)-MS 法』[3]を組み合わせることで、受容体を高濃度に発現する臓器を特定し、そこから従来は大変困難だった未知の受容体を探索・同定、両者の相互作用を検証します。

こうして広範囲な疾患領域で発見されたペプチドリガンドと受容体の組合せを下記【研究の成果】のように逐次データベース化し、公開します。さらに受容体医薬品候補(作動性もしくは拮抗性の抗体、アプタマー、ペプチド、化学合成品等)の創製と活性評価、作用機序評価、疾患モデル動物を用いた薬理学的評価を行い、高い治療効果と安全性に優れた受容体医薬品を開発します。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0507463_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報