/

富士キメラ総研、車載電装システムの世界市場調査結果を発表

発表日:2019年4月2日

車載電装システムの世界市場を調査

ADASや自動運転システムの大幅な伸びを予想

―2030年世界市場予測(2017年比)―

<注目市場>

●ADAS 1兆1,513億円(2.4倍)

 ~ADASの搭載義務化の流れが各国・地域で進む~

●自動運転システム 2兆2,108億円(451.2倍)

 ~2030年頃まではレベル3を中心に普及~

<調査結果の概要>

■車載電装システム全体 50兆5,955億円(2.2倍)

 ~HV/PHV/EV/FCV系や走行安全系が大きく伸びる~

マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キメラ総研(東京都中央区日本橋小伝馬町 社長 田中 一志)は、「コネクト」「自動運転」「シェア&サービス」「電気自動車」(CASE)をキーワードに進展し自動車の電装化を支えるシステムやデバイスなどの市場を調査し、その結果を「車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2019《上巻:システム/デバイス編》」にまとめた。

この調査では、パワートレイン系、HV/PHV/EV/FCV系、走行安全系、ボディ系、情報通信系の車載電装システム計21品目と情報機器4品目の世界市場を国・地域別に調査・分析した。また、それらを構成するデバイス&コンポーネンツ25品目の市場についても捉えた。

なお、システムを制御するECUとその構成デバイス市場については「車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2019《下巻:ECU関連デバイス編》」でまとめ、今後発表する。

<注目市場>

●ADAS

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

ADAS(Advanced Driving Assistant System)は、カメラやレーダーからのセンシング情報をドライバーに表示・警告、またはドライバーに代わって自動車を制御する安全支援システムを指す。市場はADASの主体となるセンサーと情報処理を行うECUで構成されるユニットを対象とする。なお、自動化レベルの定義では、レベル1"安全運転支援"とレベル2"部分的な自動化"にあたる。

ADAS搭載の義務化の流れが各国・地域で進み、堅調な市場拡大が予想される。2020年代前半は日本や北米、EUを中心に衝突安全防止機能の採用が進むとみられ、2025年までに搭載率は生産車ベースで80%以上になると予想される。現状、中国市場は欧州や北米に比べると小規模であるが、2021年頃から急激な需要増加が予想され、2030年までには最大規模の市場になるとみられる。また、センシングデバイスの低価格化が進行しているため、新興国・地域でも簡易的なADASの採用が進むと期待される。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506758_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0506758_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン