/

富士キメラ総研、センサーの世界市場調査結果を発表

発表日:2019年3月19日

IoT環境の実現に向け、センサーの小型化、省電力化、ネットワーク対応が進む

センサーの世界市場を調査

―2022年度予測―

■センサーの世界市場 7兆7,009億円、971億ユニット

 ~様々な分野で認識、計測、自動化需要が高まり、市場は拡大~

■RFID市場 4,090億円(2017年度比2.3倍)

 ~流通・小売向けへの需要が急速に増加し、特にアパレル業界向けを中心に伸長~

マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キメラ総研(東京都中央区日本橋小伝馬町 社長 田中 一志)は、FA/PA、電子機器、自動車、社会インフラ、医療/ヘルスケアなど様々な分野において需要が増加しているセンサーの世界市場を調査した。

その結果を「2019 センサーデバイス/ビッグデータ・IoT市場調査総覧 上巻:センサーデバイス編」( https://www.fcr.co.jp/report/183q08a.htm)にまとめた。

この調査では光・電磁波センサー9品目、音波・磁気センサー2品目、機械的・物理的センサー6品目、熱的・時間空間雰囲気センサー11品目、生体/バイオセンサー4品目、その他2品目について市場の現状を調査し、将来を展望した。なお、「下巻:IoT市場編」では国内を中心にIoT市場を調査する。

<調査結果の概要>

■センサーの世界市場

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

センサー市場は認識、計測、自動化などのニーズを受けて、様々な分野で伸びている。半導体/電子部品、自動車業界では好調な設備投資により計測、制御関連センサーの需要が増加しているほか、環境規制対応や安全対応の強化が求められる環境対応車用途、高機能化、多機能化によって様々なセンサーの搭載が進むスマートフォン/ウェアラブルデバイス用途などがけん引し、市場拡大を続けている。また、世界的にIoTの実装が本格化しており、環境整備に向けてセンサーの小型化、省電力化、ネットワーク対応などの機能強化が求められている。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505516_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505516_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン