/

GMOクラウドなど、ドラッグストアショー展示にAI分析を導入

発表日:2019年3月14日

ドラッグストアショー展示にAI分析を導入

化粧品・香水輸入卸のカタセ出展ブースで来店客属性・行動分析

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド)と、デジタルコンサルティングを行う株式会社ヒューゴ(代表取締役社長:中田 大輔 以下、ヒューゴ)、国内外の化粧品やヘアケア、オーラルケアなどの卸売業を行うカタセ株式会社(代表取締役社長:片瀬聡 以下、カタセ)の3社は、2019年3月15日(金)~17日(日)に開催される「第19回 JAPAN ドラッグストアショー」において、AIを活用した出展ブースの来場者の属性・行動分析を実施いたします。

来場者の属性・行動分析は、カタセが出展するブースにおいて、GMOクラウドが提供する、AI(人工知能)による実店舗の来店分析サービス「Diversity Insight for Retail(ダイバーシティ インサイト フォー リテール)byGMO(以下、Diversity Insight for Retail)」(URL: https://iot.gmocloud.com/diversity-insight/retail/)を用いて行います。来場者のブース滞在時間をはじめとする行動を分析し、定量データとして可視化します。定量データは販売戦略の強化を目的に、ヒューゴの展開するデジタルマーケティング施策に活用します。

なお、ご来場のお客様はカタセの出展ブースにおいて、「Diversity Insight for Retail」によるAI分析をその場で体験することができます。ブース訪問者の属性の分析や訪問回数のカウントなどをリアルタイムで行う様子をご覧いただくことで、店舗や商業施設に合わせた最適な販売施策や売り場構成などを実現するイメージを想像でき、効率的な運営に役立てていただくことを目的としています。

*参考画像は添付の関連資料を参照

■「第19回 JAPAN ドラッグストアショー」の出展概要

(日本チェーンドラッグストア協会設立20周年記念事業)

○開催日時:

 2019年3月15日(金)~17日(日) 10:00-17:00

 ※15日(金)は関係者向け商談日、16日(土)17日(日)は一般入場可能となります。

 詳細は以下URLをご参照ください。

○会場:幕張メッセ 4~8ホール

○出展ブース番号:7-024

○入場料:無料

○URL: http://drugstoreshow.jp

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505108_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0505108_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン