プレスリリース

企業名|産業
富士通電機
企業名|産業
ヤマハ発動機自動車

ヤマハ発動機と富士通、IoTを活用したセーリング470級の帆走性能向上に向けた実証実験を開始

2019/3/11 11:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年3月11日

ヤマハ発動機富士通がIoTを活用したセーリング470級の帆走性能向上に向けた実証実験を開始

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、代表取締役社長:日高祥博、以下 ヤマハ発動機)と富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)は、IoTの活用により470(ヨンナナマル)級と呼ばれるセーリング競技用小型ヨットのパフォーマンス向上に向けた実証実験を2019年3月13日から4月30日の間、静岡県の浜名湖にて実施します。

本実証実験では、艇体の各部に取り付けた各種センサーや装置にてセンシングしたデータを富士通のクラウドサービスで解析することで、ヨットの傾きや速度、針路のデータなどを可視化します。その結果を基に、ヨットのパフォーマンス向上に必要な調整項目を洗い出し、ヨットの帆走性能および選手のセーリングスキル向上に役立てます。これらを繰り返すことで、艇体構造、マスト(帆柱)、セール(帆)といったヨットのチューニング(以下、チューニング)に加え、選手の動作が艇速へ与える影響をデータとして把握でき、より高いパフォーマンスを実現する最適なチューニングを導き出すことを目的としています。

今回、本実証実験を含めた活動の名称を「Project 470 Sailing Analysis(プロジェクト 470 セーリング アナリシス)」とし、両社で取り組みを推進していきます。本活動を通じて、より高いパフォーマンスを発揮できるヨットおよびボートの開発基盤を構築し、グローバルにおけるマリン市場のさらなる発展に寄与していきます。

【背景】

セーリング470級は、全長470cmの2人乗り小型ヨットを操るセーリング競技です。舵取りとメインセール(主帆)を調節するスキッパーと、船の傾き調整とジブセール(前帆)の操作を担当するクルーにより、海上に設置されたブイを順に回り順位を競います。国内では大学や実業団のヨット部の多くに採用されており、世界でも多くのセーラーが世界選手権をはじめ、国際レースでの上位入賞を目指し活動しているクラスです。

建造においてはワンデザイン(同一の設計)が基本で、国際470協会の審査によってライセンスを付与された建造者が「International 470 Class Rules」に基づいて建造しており、現在、国内ではヤマハ発動機を含む2社がライセンスを所有し生産しています。

470級ヨットの設計・建造規格は厳格に定められており、その限られた許容範囲の中で、いかに帆走性能を向上させるか、艇体、セール、マストなどヨットを構成する様々なチューニングが開発上の最重要課題となっています。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504714_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504714_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]