2019年8月19日(月)

プレスリリース

富士経済、PAN系炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)の世界市場調査結果を発表

2019/3/7 17:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年3月7日

自動車、航空機、建築・土木用途が注目

拡大する炭素繊維複合材料の世界市場を調査

- 2030年世界市場予測(2017年比) -

■PAN系炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP) 3兆5,800億円(2.6倍)

~航空機用途や自動車用途がけん引し市場拡大~

総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋小伝馬町 社長 清口正夫)は、軽量・高強度といった基本特性の高さが評価され、航空機や自動車などをはじめ各種産業界で採用が増加し、拡大が期待されるPAN系炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)の世界市場を調査した。

その結果を「炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)関連技術・用途市場の展望 2019」にまとめた。

この調査では、炭素繊維、中間基材、接着剤などのキーマテリアル/関連部品・装置の市場動向についても、用途別の市場動向や主要企業の動向を調査・分析した。

<調査結果の概要>

■PAN系炭素繊維複合材料(CFRP/CFRTP)の世界

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

CFRPは、エポキシ樹脂などの熱硬化性樹脂のマトリクス樹脂を炭素繊維に含浸・硬化させた材料である。2018年の市場は1兆3,656億円が見込まれ、2030年は3兆2,018億円が予測される。

用途別にみると、航空機、風力発電ブレード、自動車、スポーツ・レジャー用途が中心となっている。特に風力発電ブレードの需要が増加している。風力発電ブレードは、欧州、中国において洋上風力発電プロジェクトが進行しており、洋上風車で用いられる5MWから10MWクラスの大型ブレードの軽量化を図るためにCFRPの採用が有力視されていることで、今後の伸びが期待される。自動車用途は自動車メーカー各社がCFRP利用技術の研究開発を進めている。現在は欧州メーカーによる開発・採用が先行しているが、政策の後押しや電動自動車市場の拡大に伴う軽量化ニーズの増加から中国自動車メーカーによる採用が予想される。航空機用途は、計画生産体制が組まれているため安定的に伸びるとみられる。2025年前後にはAirbusやBoeingなどが、生産数が多い小型機種の次期モデルの生産を開始する計画であり、それらでCFRPの採用率が高まることで、さらなる需要増加が期待される。水素タンクなどの圧力容器用途は、FCVやCNG車の市場に連動した成長が予想される。

FCVについては中国でトラック、バス向けの需要が増加している。建築・土木用途は、中国の建造物や橋脚などをはじめとする補強材として需要が増加している。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504604_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504604_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。