プレスリリース

東工大、シリコンフォトニクス技術による光渦多重器を開発

2019/3/5 11:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年3月5日

シリコンフォトニクス技術による光渦多重器を開発

-光渦多重通信の実用化へ大きく前進-

【要点】

○光通信帯域に対応した光渦多重器の開発に成功

○波長無依存性な光渦合分波を実現

○次世代の大容量データ伝送のコアデバイスとして期待される

【概要】

東京工業大学 科学技術創成研究院の雨宮智宏助教らは、産業技術総合研究所と共同で、光通信帯域に対応した光渦(ひかりうず=用語1)多重器を開発した。シリコンフォトニクス技術(用語2)を用いることで、波長無依存性な光渦合分波(用語3)に成功し、世界で唯一のモジュール実装されたデバイスを実現した。

開発したデバイスは5つの光渦をクロストーク(混信)25dB(デシベル)程度で合分波でき、波長分割多重や偏波多重などの従来の多重方式も併用可能なことから、次世代の大容量データ伝送のコアデバイスとして期待される。

100ギガビット超光リンクの低コスト化と低消費電力が進められ、従来の多重方式に留まらず、光の自由度をより積極的に利用した次世代の方式が検討されている。中でも、光渦を利用した多重化方式は波面のらせん周期に情報を乗せることで、理論上無限チャネル多重化が可能である。大容量通信のキーコンポーネントであるマルチコアファイバ(用語4)との整合性にも優れていることから次世代の方式として注目されている。

研究成果は3月3日~7日に米国サンディエゴで開催される光通信関連の世界最大の国際会議・展示会「OFC 2019」(The Optical Networking and Communication Conference&Exhibition 2019)で発表される。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0504244_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]