プレスリリース

企業名|産業
デンソー自動車
企業名|産業
ユーグレナ食品

ユーグレナとデンソー、微細藻類を活用した事業開発で包括的提携

2019/2/20 15:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月20日

ユーグレナ社×デンソー、微細藻類を活用した事業開発で包括的提携

~テクノロジーの融合で、持続可能な社会の発展に貢献~

株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:出雲充、以下「ユーグレナ社」)と株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、代表取締役社長:有馬浩二、以下「デンソー」)は、双方の微細藻類に関する知見を持ち寄り、さまざまな事業の実用化に向けた包括的な提携をすることで基本合意したことをお知らせします。

※参考画像は添付の関連資料を参照

ユーグレナ社は2005年に世界で初めて石垣島で微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。「人と地球を健康にする」を経営理念とし、石垣島で生産した微細藻類ユーグレナ、クロレラなどを活用した機能性食品、化粧品等の開発・販売を行っています。

デンソーは、先進的な自動車技術、システム、製品を、世界中の自動車メーカーに提供する自動車部品サプライヤーです。「新しい価値の創造を通じて人々の幸福に貢献する」ことを使命に、自動車関連分野を中心としながら、生活・産業関連機器など、自動車分野で培ってきた技術を応用し様々な事業を展開しています。

両社は今回の包括的提携より、微細藻類に関する互いの技術を融合させ、地球環境の保護と人々の健康的な暮らしに貢献していくことを目的として、事業における提携を進めてまいります。

なお、包括的提携の項目は以下の通りです。

1.バイオ燃料事業の開発

2.微細藻類培養技術の研究開発

3.藻類の食品・化粧品等への利用

4.微細藻類による物質生産

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503193_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503193_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]