プレスリリース

企業名|産業
コマツ機械

コマツ、林業機械メーカーの米ティンバープロ社を買収

2019/2/20 12:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月20日

米国における林業機械メーカーの買収について

コマツ(社長:大橋徹二)は、米国における当社の完全子会社であるコマツアメリカ株式会社(本社:米国イリノイ州、会長(兼)CEO:Rodney Schrader、以下「コマツアメリカ」)を通じて、TimberPro, Inc.(本社:米国ウィスコンシン州、社長:Patrick Lee Crawford、以下「ティンバープロ社」)を買収することを決定しました。今後、クロージングに必要な全ての手続きが完了していることを条件として、2019年4月1日に本買収を完了する予定です。

なお、本件による2019年3月期の当社連結業績への影響は軽微です。

1.本買収の背景・目的

コマツは、3カ年の中期経営計画「Together We Innovate GEMBA Worldwide-Growth Toward Our 100th Anniversary(2021)and Beyond-」を2016年4月よりスタートしています。本中期経営計画における成長戦略の実現に向け、林業機械事業の拡充を図るため、本買収を決定しました。

ティンバープロ社はウィスコンシン州に本社を置き、履帯式フェラーバンチャー及びハーベスター、フォワーダー、ホイール式ハーベスターなどの林業機械、及びアタッチメント(フェリングヘッド)を販売する林業機械専門メーカーです。

本買収により、コマツはFTL工法(※)の林業機械市場において、主に履帯式フェラーバンチャーの製品レンジを拡充し、ラインナップを強化します。より付加価値の高い林業機械を提供することで、お客さまの価値創造に貢献していきます。

※FTL工法(Full Tree Length工法):立木を切り倒し、そのままの長さで搬出する林業の工法。

2.ティンバープロ社の概要

○社名:TimberPro, Inc.

○設立:2002年

○所在地:米国 ウィスコンシン州

○代表者:Patrick Lee Crawford

○事業内容:林業機械・アタッチメントの製造、販売

*ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、予告なしに変更される場合があります。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]