プレスリリース

アイロボットジャパン、間取り学習機能とクリーンベースを導入したロボット掃除機機「ルンバi7/i7+」を発売

2019/2/19 14:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月19日

アイロボットジャパン 掃除の常識を変える

ロボット掃除機「ルンバi7+」を発売

~ルンバ初の間取り学習機能とクリーンベース~

アイロボットジャパン合同会社(本社:東京都千代田区/代表執行役員社長 挽野元)は、ルンバのフラッグシップモデル、ロボット掃除機「ルンバi7」を2019年2月22日(金)に、「ルンバi7+」を3月8日(金)より全国のアイロボット認定販売店( http://www.irobot-jp.com/shop/index.html )ならびにアイロボット公式ストア( https://store.irobot-jp.com/ )にて販売開始いたします。

家庭用ロボットのリーディングカンパニーであるアイロボットが開発した「ルンバi7」は、Imprint(TM)スマートマッピングとクリーンベース(TM)(自動ゴミ収集機)を初導入。ルンバが家の間取りを学習し記憶することで、掃除する場所を自在に選ぶことができます。クリーンベース(TM)と合わせれば、ダスト容器内のゴミを自動収集、数週間以上床掃除を気にかける必要はありません。全く新しいレベルの知能と自動化がもたらす「ルンバi7+」の利便性は、床掃除の負担を解放し、掃除の常識を変えていきます。

「ルンバi7」は、アイロボット独自の革新的な技術iAdapt(R)3.0ビジュアルローカリゼーションを搭載、最大10の異なるフロアのマップ(間取り図)を作成し、ルンバ自身の正確な位置情報を把握。掃除を終えた場所としていない場所を的確に記憶することで、家中をシームレスかつ効率的に掃除します。また、複数の間取り図と、リビング、キッチンなどの部屋の種類を記憶できるので、ユーザー自身が設定した特定の部屋のみを掃除したり、曜日や時間ごとに掃除をする範囲の調整ができます。

※製品画像は添付の関連資料を参照

さらに、「ルンバi7+」は、クリーンベース(TM)(自動ゴミ収集機)が付帯されています。ロボットの充電ステーションを兼ねているクリーンベース(TM)は、掃除が完了するとルンバ本体のダスト容器のゴミを吸い取り、クリーンベース(TM)内の密閉された紙パックにゴミを自動で排出し、ゴミやホコリが空気中に逃げ込まないよう密閉します。紙パックにはルンバのダスト容器30杯分のゴミが入るので、数週間以上掃除を気にかける必要がありません。また、紙パックは手を汚すことなく簡単に引き出して交換ができるため、ゴミ捨ての手間が省けます。

「ルンバi7」は、Wi-Fi(R)対応モデルです。iRobot(R)HOMEアプリ(*1)を使用したスマートフォンによる操作で、外出先からルンバの清掃を開始できる(*2)他、GoogleアシスタントやAmazon Alexaを使うことで、話しかけるだけで特定の部屋を掃除することができます。ルンバ独自の特許技術によるクリーニングシステム、AeroForce(R)3段階クリーニングシステムも搭載し、吸引力が10倍(*3)アップしたパワーリフト吸引と髪の毛などがからまりにくい2本のゴム製のデュアルアクションブラシでゴミを浮き上がらせてかき出し、フローリングやカーペットなどさまざまな床にピッタリと密着しながら、微細なゴミやペットの毛まで確実に取り除くなど、実用性を追求した多数の機能を搭載しています。

アイロボット・コーポレイションCEOのコリン・アングルは次のように述べています。「ルンバi7による一歩先を行く新たな機能は、より多くのお客様に利便性をもたらし、約20年前に私たちがロボット掃除機の開発に取り掛かり始めた頃に夢見ていた当初のビジョンを実現します。」アイロボットは、ロボット掃除機のパイオニアとして、ユーザーがより多くの自由な時間を得られ、生活の質を高められるよう革新的なロボティクス技術で今後も貢献して参ります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503039_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0503039_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]