プレスリリース

KNT-CTHD、有明で「ARボルダリング」アトラクションを営業開始

2019/2/14 15:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月14日

スポーツとITが融合した新感覚体験

「ARボルダリング」アトラクション 2 月 17 日(日)有明にて営業開始!

~誰も体験したことのない、最先端スポーツアクティビティ~

KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:丸山 隆司)は、「スポーツと IT が融合したスポーツプログラム」による新しい体験価値を創出する取り組みの第2弾として、スポーツクライミングである「ボルダリング」と「AR*システム」が融合した『AR ボルダリング』アトラクションのプロデュースをします。クライミング施設を東京、埼玉で店舗展開する VILLARS 株式会社(東京都品川区、以下 VILLARS)と業務提携し、AR ボルダリングシステムをVILLARS に提供、その管理・運営業務を委託します。そして、ダイワロイネットホテル東京有明に併設するクライミングカフェ「VILLARS Climbing(ヴィラーズ・クライミング)有明店」にて、「キッズボルダリング大会・決勝」が行われる 2 月 17日(日)に合わせてこのアトラクションの営業を開始します。

※AR*(拡張現実(かくちょうげんじつ)、英:Augmented Reality、オーグメンテッド・リアリティ)

このアトラクションはクライマーだけでなく、小さなお子様から大人まで、老若男女を問わず楽しみながら体力作りができ、一緒にいる友達や家族、観客も楽しむことができます。今後 3 年間、世界的な国際スポーツイベントが毎年開催されるにあたり、当社グループの旅行会社が企画する旅行商品で東京を訪れるお客様やこのボルダリングカフェを併設するダイワロイネットホテル東京有明にご宿泊されるお客様、近隣にお住まいの方々等にご利用いただき、2020 年に向けて開発が進む有明の地で最先端の AR 技術を活用した都市型スポーツクライミングの新たな体験価値を提供してまいります。

【AR ボルダリングとは】

フィンランドで開発され、すでに世界 40 か国以上で導入されており、今後日本においても人気が急上昇することが期待され、注目されています。ボルダリングの壁やプレイする人の動きをセンサーで解析し、プロジェクターでさまざまなアクティビティコンテンツを映写することで新しいクライミング体験を提供するシステムです。ゲームはエアホッケーとボルダリングを組み合わせた二人用のゲームや、壁にどんどん現れるコウモリをやっつけるモグラたたきのような新しく開発されたスピードクライミングゲーム等 6 つのコンテンツが楽しめます。

ゲームはクラウドサービスで全てが管理されており、新しいゲームが随時アップデートされコンテンツが増えていく予定です。

※AR ボルダリングコンテンツはフィンランドの Valo Motion 社が開発し、株式会社ヒューネットが日本総代理店となっています。

※当社は昨年、スポーツと IT が融合したスポーツプログラムによる新しい体験価値を創出する取り組みの第1弾として VR(仮想現実)を活用したフェンシング競技を手軽に体験できるデモシステムのレンタル権を保有、2018 年 7 月より、自治体・教育関連・企業向けに VR フェンシングを営業展開いたしました。今回の第2弾に続き、今後様々な競技を体験できるシステムを展開し、競技種目を増やしていく予定です。

◇参考画像は添付の関連資料を参照

【アクセス】

ゆりかもめ(東京臨海新交通臨海線)「有明駅」、東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場駅」より徒歩 1 分。

※「ダイワロイネットホテル東京有明」・・・・・大和ハウスグループのダイワロイヤル株式会社が 2020 年に向けて開発が進む東京臨海副都心エリアにおいて、2018 年 10 月にオープンしたホテル。

※「VILLARS climbing 有明」・・・・・カフェエリアでは人気パティスリー「Ryoura」の洋菓子、オリジナルジャムなどを販売、トレーニングエリアでは最新のフィットネスマシンを設置。ゆっくりくつろぎたい方やしっかり体を鍛えたい方にも幅広く利用可能。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502679_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502679_02.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]