2019年3月20日(水)

プレスリリース

メルセデス・ベンツ日本、新型「メルセデス AMG GT」を発表

2019/2/14 12:01
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月14日

新型メルセデス AMG GTを発表

・コックピットディスプレイやステアリングに高精細TFTディスプレイ、Sクラスと同等のテレマティクスを採用

・アロー形状のポジショニングライト&ウインカーに3つのリフレクターを備えた新デザインのLEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用

・最新のAMGデザインによりさらにスポーティなエクステリア

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社:東京都品川区)は、新型「メルセデスAMG GT」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ本日より予約注文を受け付けます。なお、お客様への納車は2019年8月以降を予定しています。

メルセデスAMG GTは、メルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカー"Handcrafted by Racers."をスローガンに掲げ、何よりもスポーツカーを愛する人のために、モータースポーツを心から愛する者たちが創り上たAMGのレーシングスピリットと技術をあますことなく備えたスパルタンなスポーツカーです。

新型メルセデスAMG GTのラインアップは、以下の7モデルです。

○クーペ

メルセデスAMG GT(以下、GT)

メルセデスAMG GT S(以下、GT S)

メルセデスAMG GT C(以下、GT C)

メルセデスAMG GT R(以下、GT R)

○ロードスター

メルセデスAMG GT ロードスター

メルセデスAMG GT S ロードスター

メルセデスAMG GT C ロードスター

■新型メルセデスAMG GTの主な特長

○高精細12.3インチのコックピットディスプレイ

「新型メルセデスAMG GT」には、高精細12.3インチのコックピットディスプレイと10.25インチのマルチファンクションディスプレイをセンターコンソールに標準装備しています。

インストゥルメントクラスターとなるこのコックピットディスプレイは、AMG独自の「クラシック」、「スポーティ」、「スーパースポーツ」の3種類の中からお好みのデザインを設定することができます。新しく設計されたマルチファンクションディスプレイは、運転支援システム、車両情報等をアニメーションで表示することが可能となり、車両の機能を視覚で直感的に認識することができます。

ステアリングホイールのタッチコントロールボタンを介して、インストゥルメントパネルの左側または右側にお好みの情報を表示することができます。

※以下は添付リリースを参照

※参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502610_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502610_02.jpg

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502610_03.jpg

参考画像(4)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502610_04.jpg

参考画像(5)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502610_05.jpg

参考画像(6)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502610_06.jpg

参考画像(7)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502610_07.jpg

参考画像(8)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502610_08.jpg

参考画像(9)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502610_09.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502610_11.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報