2019年5月20日(月)

プレスリリース

メルセデス・ベンツ日本、「メルセデスAMG GT R PRO」を発表

2019/2/14 12:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月14日

メルセデス AMG GT特別仕様車

メルセデス AMG GT R PROを発表

・サーキットを走るためにレーシングカーの技術を多数採用

・全国限定20台

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社:東京都品川区)は、「メルセデスAMG GT R PRO」(以下、AMG GT R PRO)を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ本日より予約注文の受付を開始します。

メルセデス AMG GTは、メルセデス AMG社による完全自社開発スポーツカー"Handcrafted by Racers."をスローガンに掲げ、何よりもスポーツカーを愛する人のために、モータースポーツを心から愛する者たちが創り上たAMGのレーシングスピリットと技術をあますことなく備えたスパルタンなスポーツカーです。

■メルセデス AMG GT R PROの特長

メルセデス AMG GT R PROはメルセデス AMG GT Rをベースに、レーシングカーであるAMG GT3およびAMG GT4で培った技術が投入され、サスペンション、軽量構造、エアロダイナミクス、エクステリアなどに手を加えることで、さらにドライビングダイナミクスを向上させています。

■サスペンション

新設計のAMGコイルオーバーサスペンションは、サスペンション設定をサーキットに応じてセットアップすることが可能です。プロドライバーによるレースの場合と同様、プリロードによるスプリング長の機械的調整に加え、縮み側および伸び側のダンパー特性も設定できるようになりました。この調整を工具を用いずにすばやく正確に行うため、ダンパー上に調整ダイヤルを設けたクリックシステムを採用しています。圧縮率は、速い動きと遅い動きで別々に調整することで、ボディのダイブやロールだけでなくトラクションに対しても、これまでよりいっそう細かく調整が可能となりました。

フロントサスペンションは、軽量なカーボンファイバー製の調整式トーションバーを備えています。リアサスペンションはスチール製の調整式で、中空管構造により軽量化が図られています。

AMG GT Rもリアアクスルのロアウィッシュボーンにピロボールジョイントを採用していますが、AMG GT R PROではこれをアッパーウィッシュボーンにも用いています。通常のウィッシュボーンベアリングより耐摩耗性がはるかに高いうえ、設計上まったく遊びがないことから、大きな荷重を受けてもトーインとキャンバーが変化しません。その結果、さらにドライバーの意思に忠実に走行することが可能となりました。

また、リアエンドのアンダーボディに設けたカーボンファイバー製パネルも、優れたハンドリング精度の実現に役立っています。この軽量かつ高剛性の部材はリアエンドの剛性を高めることにより、ボディシェルの安定性をさらに強化しています。

磁性流体のダイナミックエンジントランスミッションマウントも設定を見直すことで、アジリティの強化と、正確なレスポンス、明確なフィードバックの実現を図りました。

※以下は添付リリースを参照

※参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502606_02.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502606_03.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502606_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報