2019年2月21日(木)

プレスリリース

サントリー食品、「サントリー 南アルプススパークリング/天然水スパークリングレモン」などをリニューアル

2019/2/12 17:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月12日

「サントリー 天然水」ブランドがフレーバー炭酸水市場で2018年年間売上げNo.1(※1)に!

―「サントリー 南アルプススパークリング」、「サントリー 天然水スパークリングレモン」、「同 無糖ドライオレンジ」の3品を同時リニューアル―

*商品画像は添付の関連資料を参照

サントリー食品インターナショナル(株)の「サントリー 天然水」ブランドがフレーバー炭酸水市場で2018年年間売上げNo.1ブランド(※1)になりました。

※1 インテージSRI調べ 清涼飲料市場販売実績18年1-12月(金額)【業態】SM/CVS/DRUG 計

近年、健康志向の高まりや、様々なシーンで手軽にストレス解消やリフレッシュしたいという需要の高まりを背景に、2018年の無糖炭酸水市場は127%と伸長しています(※2)。

そのような中、特に「サントリー 天然水スパークリングレモン」は、「サントリー天然水」ブランド史上最強ガス圧(※3)による爽快な刺激と、有機レモンを使用し自然なレモンの味わいがご好評いただき、2018年の販売数量が2倍以上(※4)の大幅伸長となりました。

※2 当社推計

※3 製造充填時のガス圧です。

※4 2017年販売実績比

今回、ご好評いただいている「サントリー 南アルプススパークリング」のパッケージ、および「サントリー 天然水スパークリングレモン」、「同 無糖ドライオレンジ」の中味・パッケージを2月26日からリニューアル発売します。

<リニューアルのポイント>

●商品名称

―「サントリー 南アルプススパークリング」

 南アルプスの大地に磨かれた、すっきりとキレがよく、さわやかな清涼感のある味わいの「南アルプスの天然水」に、強い炭酸の爽快な刺激を加えたこの商品の魅力・価値を訴求するため、水源の名前を商品名に採用し、「南アルプススパークリング」としています。

―「サントリー 天然水スパークリングレモン」、「同 無糖ドライオレンジ」

 これまで、水源である「南アルプス」を商品名に入れた「サントリー 南アルプススパークリングレモン」、「同 無糖ドライオレンジ」という名称を使用していました。今回、"自然な果実感"のあるデザイン・中味設計に、"天然水"ロゴの組み合わせが、清冽で気持ちのよい「サントリー天然水」ブランドをイメージいただけると考え、「天然水スパークリング」という名称を採用しました。

●中味・パッケージ

―「サントリー 南アルプススパークリング」

 現行の、キレのよい爽やかな清涼感ある味わいの「南アルプスの天然水」に強い炭酸を加えた、爽快な刺激を感じられる中味にご好評いただいており、中味変更はありません。パッケージには特長である強炭酸が一目でわかるよう「強炭酸水」の文字を前面に配しました。

―「サントリー 天然水スパークリングレモン」

 ご好評いただいている強炭酸の爽快な刺激と天然水らしい自然なレモン感はそのままに、果実由来の香りを強化し、飲み始めの香り立ちがより感じられる中味に仕上げました。

―「同 無糖ドライオレンジ」

 有機オレンジ果汁と有機グレープフルーツ果汁を使用した自然な果実のおいしさに加え、オレンジの香りを強化し、果実感ある中味を実現しました。

「サントリー 南アルプススパークリング」、「サントリー 天然水スパークリングレモン」、「同 無糖ドライオレンジ」、さらに同日発売の「サントリー 奥大山スパークリング」(ニュースリリースNo.0798)は、「サントリー天然水」ブランドが持つ清冽さと爽快な刺激により、日常のストレスや息苦しさから解放し、自分らしさを取り戻すことができるような、新しい炭酸水を目指していきます。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

商品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502454_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502454_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報