2019年2月17日(日)

プレスリリース

アドバンスト・メディアとVeeva Japan、製薬業界におけるガイドライン適正対応などの業務効率化を目的に業務提携

2019/2/12 13:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月12日

Veeva Japan、アドバンスト・メディアと業務提携

~製薬業界向け音声認識入力支援をVeeva CRMでも実現~

株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木 清幸、以下 アドバンスト・メディア)と、Veeva Japan 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva Japan)は、製薬業界におけるガイドライン適正対応とユーザー企業の業務効率化を目的として、業務提携をいたしました。

Veeva Japanは、製薬業界向けのクラウド型CRMソリューション、Veeva CRMを提供する米国Veeva Systemsの日本法人であり、Veeva CRMは全世界で675社を超えるライフサイエンス企業に採用されています。アドバンスト・メディアは、音声認識市場の主力市場であるCTI分野、医療分野、議事録分野でマーケットリーダーの地位を確立しており、音声認識技術AmiVoiceにより、数多くの業務改善・効率化に貢献する製品・サービスを展開しています。

今回の業務提携では、アドバンスト・メディアが提供するAmiVoice SBxをVeeva CRM上で使用するケースを想定し、両者にて相互の連携面を強化してまいります。アドバンスト・メディアがこれまで培ってきた医療現場および製薬業界関連の音声認識ノウハウを生かし、Veeva CRMを用いたライフサイエンス業界向けの音声入力を推進してまいります。

以上

【Veeva Systems社について】

Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで675社を超える顧客を擁し、技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功をサポートしています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。

詳しくは、 https://veeva.com/jp/ をご覧ください。

【会社概要】

<株式会社アドバンスト・メディア>

・代表者:代表取締役会長兼社長 鈴木 清幸

・本社:東京都豊島区東池袋3-1-4 サンシャインシティ文化会館6階

・URL: http://www.advanced-media.co.jp/

・設立:1997年12月

・資本金:68億6,841万円(18,267,524株)(2018年9月末現在)

・事業内容:

 ◆AmiVoiceを組み込んだ音声認識ソリューションの企画・設計・開発を行う「ソリューション事業」

 ◆AmiVoiceを組み込んだアプリケーション商品をライセンス販売する「プロダクト事業」

 ◆企業内のユーザーや一般消費者へAmiVoiceをサービス利用の形で提供する「サービス事業」

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報