2019年5月23日(木)

プレスリリース

矢野経済研究所、2018年のカーボンナノチューブ世界市場調査結果を発表

2019/2/8 11:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月8日

2023年のカーボンナノチューブ(CNT)世界出荷量は、4,000tに迫ると予測

~2017年から2023年までのCAGRは12.8%で成長の見通し~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年のカーボンナノチューブ世界市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

1.市場概況

2018年のカーボンナノチューブ(CNT)世界市場規模は、メーカ-出荷量ベースで前年比118.5%の2,255.8tの見込みである。

高価格が課題であった単層カーボンナノチューブでは低価格化が進む傾向にあり、導電性/帯電防止塗料・コート剤や熱硬化性樹脂複合材、ガラス、アスファルト、タイヤなど幅広い用途で採用が広がった。一方、多層カーボンナノチューブではリチウムイオン電池(LiB)導電助剤向けの需要が拡大しており、EV(Electric Vehicle)やPHEV(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)の生産・販売台数の伸びが著しい中国が最大の需要地となっている。

2.注目トピック

・リチウムイオン電池導電助剤としての採用動向

リチウムイオン電池(LiB)の正極では、導電助剤を添加することによりLiBの内部抵抗を下げている。また、LiBは充放電のサイクルの進行に伴い放電容量が減少する。この原因の一つとして活物質粒子間の接点喪失が挙げられ、導電助剤は接点の失われた活物質間をつなぐ役割も持つ。導電助剤の添加により充放電が繰り返されても電極としての形状が保たれることにより導電パスが確保され、結果としてLiBの長寿命化につながる。導電助剤としては多層カーボンナノチューブのほかにカーボンブラックや黒鉛粉末などが用いられている。

2018年におけるリチウムイオン電池(LiB)導電助剤の世界市場規模(メーカー出荷量ベース)は10,000tを超える見通しである。そのうち、多層カーボンナノチューブは15%強のシェアを占めるものと推計する。

3.将来展望

2023年のカーボンナノチューブ(CNT)の世界市場規模は、メーカー出荷量ベースで3,931.1t、2017年から2023年までのCAGR(年平均成長率)は12.8%になると予測する。

今後、単層カーボンナノチューブ、多層カーボンナノチューブのいずれにおいても、リチウムイオン電池導電助剤としての需要が牽引する。また、複合材料向けでは電子部品の搬送用トレー、自動車のフューエル(燃料供給)部品など既存の用途が中心となるが、これまでの欧米や日本に加え中国市場でカーボンナノチューブの採用が本格化する見通しである。

※以下は添付リリースを参照

(C)2018 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.

 本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502243_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502243_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報