/

東北大、カーボンナノチューブに勝る高耐久のキャパシタ電極カーボンを開発

発表日:2019年2月7日

カーボンナノチューブに勝る高耐久のキャパシタ電極カーボンを開発

【研究成果のポイント】

・細孔壁の大部分が単層グラフェンから成るメソ多孔体「グラフェンメソスポンジ」をシームレスなシート電極に成型し、電気二重層キャパシタの電極に利用しました。

・高温耐性や高電圧耐性において、従来最も優れた材料であった単層カーボンナノチューブを上回りました。

・一般的な有機系電解液を用い、室温にて4.4Vでも安定に動作する対称キャパシタの構築が可能となりました。

・従来は2.7~2.8Vが限界であったキャパシタ単セルの上限電圧を大幅に増加できることから、高電圧キャパシタモジュールの小型化が可能になります。

【概要】

東北大学多元物質科学研究所の野村啓太(大学院生)、西原洋知准教授及び京谷 隆教授、TOCキャパシタ株式会社の小林直哉博士らの研究グループは、細孔壁(注1)が高品質のグラフェン(注2)から成るメソ多孔体(注3)「グラフェンメソスポンジ(注4)」をシームレスなシート電極に成型し、これを用いた高耐久の電気二重層キャパシタ(注5)を開発しました。現在の電気二重層キャパシタは活性炭(注6)を電極材料に利用していますが、高電圧をかけると活性炭が劣化するため単セルの上限電圧は2.7~2.8Vに制限されていました。このため、数百Vの出力を得るには100個以上の単セルを直列に接続しなければならず、モジュールが大型化するため用途が制限されていました。今回開発した材料を用いた電気二重層キャパシタは、60℃の高温で3.5Vの高電圧を700時間以上に渡って印加しても全く劣化しませんでした。さらに、室温で最大4.4Vまで電圧を上昇できました。従来の高耐久性材料は単層カーボンナノチューブ(注7)でしたが、今回の材料は高温耐性・高電圧耐性でこれを上回りました。さらに、単層カーボンナノチューブよりも製造コストが低く抑えられる利点もあります。単セルの電圧を増加させることで高電圧キャパシタモジュールの小型化が可能になるため、電気二重層キャパシタの用途範囲が大幅に広がることが期待できます。

本成果は、2019年2月6日10時(英国時間)にEnergy&Environmental Science誌にてオンライン公開されました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0502131_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン