プレスリリース

アストンマーティン、サーキット体験プログラムを開始

2019/2/5 14:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年2月5日

アストンマーティンがエクスクルーシブなサーキット体験プログラムを開始

●年間を通して世界的に有名なサーキットでユニークなカスタマー・イベントを開催

●AMRドライバーズクラブが、あらゆるレベルのアストンマーティン・ドライバーに専門的なドライビング・プログラムを提供

※参考画像は添付の関連資料を参照

2019年2月4日、ゲイドン(英国):

アストンマーティンは、2019年にまったく新しいドライビング・プログラムを開始します。アストンマーティンのお客様は、AMRドライバーズクラブを通じて専門的なアドバイスを受けながら、世界的に有名なサーキットで走行体験を楽しむことができます。このドライビング・アカデミーは、所有しているアストンマーティンの性能を試してみたい方々や、レースへの憧れを抱き、アストンマーティンのもっとも過激なレーシングカーでサーキットの限界走行に挑戦してみたい方々まで、あらゆるドライバーのスキルに合わせた様々なレベルのプログラムをご提供します。

アストンマーティン・パートナーシップのディレクター、セバスチャン・デルメールは次のように述べています。「私たちは、これまで頻繁に、お客様からこのようなプログラムがないかという質問を受けてきました。今回、幅広いお客様のご要望にお応えできる体験プログラムをご提供できることを嬉しく思います。ここでは、アストンマーティンが設計および製造するスポーツカーの性能を試したいというお客様から、将来的にレースに参戦するため、サーキットでドライビング・テクニックを磨きたいというお客様までをカバーしています。」

当初、アストンマーティンのサーキット走行プログラムは、以下に概要を説明する3種類のドライビング・コースから構成されています。各コースには、さまざまなレベルが設定されています。

■AMRエクスペリエンス

AMRエクスペリエンスの初級レベルは「ディスカバリー」と呼ばれ、アストンマーティンの専用インストラクターによるマン・ツー・マンのレッスンが行われ、ブランドと製品をお客様にご紹介します。次のレベルは「パフォーマンス」と呼ばれ、専属のインストラクターが適切なアドバイスを提供しながら、お客様が所有するアストンマーティンの性能をフルに体験していただくことができます。

■AMRアカデミー

参加者は、プロのアストンマーティン・インストラクターと共にトレーニングを実施し、レベル1から3まで、レベルごとに1日半をかけて最新のアストンマーティン・モデルを体験していただきます。参加者のドライビング・スキルが上達すると、次のレベルとなるAMR GTアカデミーにステップアップすることができます。

■AMR GTアカデミー

1日半のこのコースでは、レース仕様のGT4を使用して、インストラクターとマン・ツー・マンのレッスンにより、お客様のドライビング・スキル上達のお手伝いをいたします。AMR GTアカデミーでは、レースに参戦したいお客様のために、モータースポーツ・ライセンスの取得をサポートするためのコースもご提供しています。

2019年のサーキット走行体験プログラムは、世界的に有名な9カ所のサーキットで開催されます。その多くのサーキットでは、F1レースが開催され、それぞれが独自のコースレイアウトを特徴としています。プログラムは2019年3月19~20日のアルガルベ国際サーキットから開始します。さらに、難コースとして知られるスパ・フランコルシャン、英国モータースポーツの聖地シルバーストーン(9月4~5日)、独特なコースレイアウトのバルセロナ・サーキット(9月16~17日)でもプログラムが開催されます。

プログラムのパッケージ料金は750~7,600ポンドで、選択したコースに応じて車両、ホスピタリティ、宿泊施設が含まれます。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501922_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501922_02.jpg

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501922_03.jpg

参考画像(4)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501922_04.jpg

参考画像(5)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501922_05.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]