プレスリリース

エボラブルアジア、ホテル・バケーション施設の検索比較サイト「Stayway」を開発・運営のStayway社へ資本参加

2019/1/30 15:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年1月30日

[投資事業]

世界最大級(※)のホテル・バケーション施設の検索比較サイト

「Stayway」の開発・運営を行うStayway社への資本参加

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下 当社)は、世界最大級のホテル・バケーション施設の検索比較サイト「Stayway」の開発・運用を行う株式会社Stayway(本社:神奈川県川崎市、代表取締役 CEO:佐藤淳、以下 Stayway社)への資本参加をいたしました。

■Stayway社とは

ホテル・バケーション施設の検索比較サイト「Stayway」は世界トップクラスの民泊・ホテルサイトを比較し、場所・部屋タイプ・価格帯・部屋数・各種アメニティで比較可能です。具体的には、100ヵ国、20,000都市以上、民泊・貸別荘・ホテル・民宿・コンドミニアム・コテージ・古民家・マンスリーマンション・シェアハウス・ゲストハウスに最もお得に泊まることが可能です。

また、提携サイト内にて簡単に宿泊施設の予約が完了する点、民泊・別荘・ホテル・民宿・コンドミニアム・マンスリーマンション・シェアハウス・ゲストハウスを横断的に検索可能な点(最安値で予約可能)が特徴です。

現在、インバウンド市場は急拡大しており、2017年の訪日外国人旅行者数は過去最多の2869万人となり、2020年には年間4000万人まで増加するといわれています。以上に伴い宿泊施設の不足が問題となる中、Stayway社の今後の事業拡大と業績向上に期待しております。

*参考画像は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501373_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501373_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]