プレスリリース

ハイアットリージェンシー東京、QRコード決済サービス4種を導入

2019/1/29 12:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年1月29日

お客様の利便性向上を目指し、支払い方法の多様化に対応

QRコード決済サービス4種を一挙に導入

ハイアット リージェンシー 東京(所在地:東京都新宿区西新宿2-7-2、総支配人:高沢朝美)では、お客様の利便性の向上をめざし、支払い方法の多様化に対応すべく、4種のQRコード決済サービスを、2019年2月1日(金)より導入いたします。これにより、ご宿泊、レストラン・バーや「ペストリーショップ」のお支払いにご利用でき、より便利に決済を行っていただけます。

※ロゴ・参考画像は添付の関連資料を参照

このたびQRコード決済サービスを導入するに至ったのは、昨今のキャッシュレス経済の振興や高まるキャッシュレス支払いのご要望にお応えし、お客様の利便性をさらに高めることを目的としています。

今回導入するQRコード決済サービスは、Alipay・WeChat Pay・LINE Pay・d払いの4種で、いずれも宿泊のお支払い、レストラン7店舗・バー・「ペストリーショップ」でご利用いただけます。また、2013年より一部店舗で導入しておりました電子マネーもあわせてご利用いただけるようになりました。キャッシュレスというお支払い方法の選択肢を広げることで、現金を用意したり、海外の通貨を日本円に両替するというストレスをなくし、お支払いのシーンをよりスムーズにすることを目指します。今後もゲストの更なる利便性向上のため、QRコード決済を拡充してまいります。

<ハイアット リージェンシー 東京>

ハイアット リージェンシー 東京は、世界55ヶ国で750軒以上のホテルおよびリゾートを管理、所有、開発、フランチャイズ経営するハイアット ホテルズ コーポレーションの日本初のホテルとして1980年に開業。常に時代をリードする新鮮な感覚と伝統に培われた確かで温かなサービスで、国内外のお客様より高い評価をいただいています。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ・参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501212_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]