2019年4月21日(日)

プレスリリース

VGJ、コンパクトカー「Polo」に新グレード「TSI R-Line」を追加し発売

2019/1/29 11:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年1月29日

フォルクスワーゲン コンパクトカー『Polo』の新グレード「TSI R-Line」を追加

力強さとデザイン性を兼ね備えた上級モデルを導入

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社(代表取締役社長:ティル シェア、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、人気のコンパクトカー「Polo(ポロ)」に新エンジン"1.5 TSI Evo"を日本初採用した新グレード「TSI R-Line」を本日より追加し、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて発売します。ボディカラーは、全4色。全国希望小売価格(税込)は、¥2,980,000です。

昨年導入した新型Poloは発売以降、MQBモジュール採用によるクラストップレベルの高い居住性や安全性が高評価を得ています。今回TSIエンジンをさらにパワーアップさせ、かつスポーティなスタイリングを纏った上級仕様の「TSI R-Line」を追加導入し、バランスのとれたエンジンバリエーションを"Poloシリーズ"で実現しました。

「Polo TSI R-Line」に搭載されるエンジンは、日本初採用の新エンジンの"1.5TSI Evo"です。フォルクスワーゲンのエンジンシリーズEA211型TSIエンジンをベースに新開発したこのエンジンは、ターボチャージャー付4気筒ガソリン過給エンジンで、気筒休止機能のアクティブシリンダーマネージメント"ACT"と効率的なコモンレール直噴技術を採用し、最高出力110kw/150PS、最大トルク250Nmを生み出します。トランスミッションは7速DSGを採用し、パワフルな走りをご体感いただけます。

エクステリアは、R-Lineパッケージを日本向けPoloに初採用。専用17インチアルミホイールやツインエキゾーストフィニッシャーでドレスアップしたスタイリングに加え、エアロパーツのリップスポイラーやリヤスポイラー、ブラックサイドスカートなどスポーティさを強調しています。

インテリアは「Polo TSI Highline」同様に、有償オプションカラーのリーフブルーメタリックもしくはエナジェティックオレンジメタリックをボディカラーにお選びいただいた場合、ダッシュパッド及びセンターコンソールがボディカラーと同色になります。また、シートファブリックにもボディカラーと同色のラインがデザインされます。

「Polo TSI R-Line」の主な装備・諸元は次頁以降をご参照ください。

※以下は添付リリースを参照

※参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501186_02.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501186_03.jpg

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501186_04.jpg

参考画像(4)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501186_05.jpg

参考画像(5)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501186_06.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0501186_01.pdf

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報